ガマンしすぎはストレス!ダイエット中にオススメなおやつ

スポンサーリンク

ダイエットしているけど、たまにはおやつも食べたいですよね。ダイエットは、一日に使うカロリーを考慮し、それ以下のカロリー摂取にするように気を付ければ、お菓子を食べても問題はありません。

我慢しすぎて、逆にストレスによる過食になるより、少しはおやつを食べてストレスのないダイエットをすることが大切。

そこで、今日は、ダイエット中に食べても比較的安心なおやつをご紹介します。食べ方もちょっと工夫すると、太りにくいですよ。

スポンサーリンク

ダイエット中におすすめな意外なおやつ

ダイエット中に避けているおやつですが、食べ方と食べるものを意識することで、ダイエットにあまり影響しません。

冷凍フルーツ

ダイエット中におやつを食べる時に気にしたいのが「GI」と呼ばれる数値です。食べ物を食べたときの、血糖値の上がりやすさを数値化したもので、このGI値が高い食べ物は血糖値が上がりやすく、脂肪になりやすいとされています。フルーツは糖分が多い食べ物ですが、GI値が高くないのでダイエット中にオススメ。凍らせて食べれば噛む回数が増え、満足感がより得られる上に、今の暑い季節ならヒンヤリ感も得られるから嬉しい。ちなみに、パイナップルとスイカはGI値が高めなので避けるほうが良いでしょう。

ポップコーン

トウモロコシが原料のポップコーンは糖質が多くダイエット中はガマンしている人も多いはず。トウモロコシ自体は、あまりダイエットに向いた食品ではありません。でも、ポップコーンだと少量ならおやつに最適。ポップコーンには食物繊維が多く含まれていて、他のスナック菓子に比べてお腹が膨らみやすいのです。どうしても塩気のあるスナック菓子が食べたいときには塩味のポップコーンを選んでみてください。ただし、キャラメル味や、バターが使われているポップコーンはカロリーがだいぶ上がるので、塩味を選びましょう。

甘いものを食べるならチョコレート

甘いお菓子の代表ともいえるチョコレートもダイエット中は我慢する食品。でも、実はカカオの含有量が70%以上のチョコレートはガマンしなくても大丈夫。代謝を上げる働きのあるカカオポリフェノールがダイエットの強い味方になるので、小腹が空いたらひとかけ食べる、など量さえ気をつければOK。

おやつは100kcalに抑えよう

ダイエット中におすすめといっても食べ過ぎては良くありません。1日に食べるおやつのカロリーは100kcal程度を目安にしましょう。では、100kcalはどのくらいの量でしょう?

冷凍フルーツ

ブルーベリー 200g ※小ぶりな物100粒程度

ラズベリー  250g ※85粒程度

イチゴ    300g ※Mサイズ可食部のみ 25個程度

キウイ    200g ※1個87g程度で換算し2個と1/3個程度

おかし類

ポップコーン 20g ※1袋50gのもので242kcal

チョコレート 18g ※板チョコレートのミルクチョコレートで計算 5かけ程度

チョコレートはカカオポリフェノールの効用がありますが、GIは高い食品です。食べすぎるとやはり太ります!

和菓子だとカロリーが低いものが多いかな?と思い、調べてみましたが、残念なことに案外カロリーが高いのです。

和菓子

大福なら小1個 105kcal

大福の大1個だと291kcal

串団子だと、みたらし団子1本で108kcal

和菓子だとたくさん食べられるかな?と思い、調べましたが・・やはり100kcalに控えるためには、あまり多くは食べられません。そして和菓子はGI値が高い食品です。ダイエット中は控える必要があるようです。どうしてもおやつを食べたい!と、思う時は、ごはんの量を減らすことをお勧めします。

ご飯(白米)茶碗1膳でだいたい270kcal(160g)です。ごはんを半分に減らすと130kcal程度のカロリーを摂ることができます。

コンビニの珍味類はカロリーが低い

筆者は最近、コンビニでカロリー表示を良く見ています。そこで気が付いたのが、珍味類はカロリーが低い!と言う事実です。塩辛いものが食べたい時は、イカの珍味がおすすめですよ。

セブンイレブンさんの珍味類のカロリーをご紹介します。

あたりめ 16g 50 kcal

 SEVEN-ELEVEN JAPAN CO.,LTD

やわらかいかくん 25g 53 kcal

 SEVEN-ELEVEN JAPAN CO.,LTD

ビーフジャーキー 45g 119kcal

 SEVEN-ELEVEN JAPAN CO.,LTD

ビーフジャーキーを45g食べると、かなり満腹感があります。スナック菓子を食べるより乾物を食べるほうがカロリーを抑えて満足度が高いのです。

コンビニの食品がダイエットにおすすめなのは、カロリー表示があるので意識をしっかりもって食べられることです。たくさん食べてしまったら、ほかの食事を調整したり、その分運動をしたりすることができますね。

おやつを食べる時間に気を付けよう

ダイエット中におやつを食べるときには食べる時間を気にしましょう。

夜は体を動かすことが少なくカロリーを消費しにくいので太りやすい。寝る時間の3時間前までには食事も、おやつも終わらせましょう。

まとめ

ただ、我慢するだけのダイエットでは、なかなか続きません。美味しい物も取り入れながら、満足感のあるダイエットを長く続けられることが大切ですよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする