日本人が肩こりを感じる理由

スポンサーリンク

肩こりは日本人にはごく当たり前の症状ですが、海外では肩こりという概念が無い国もあるということを聞いたことがありませんか?

筆者はテレビの特集で、「外人は肩こりという言葉を使わない」という特集を見たことがあります。日本は肩こり大国!日本人の肩こり事情と世界の事情をご紹介します。

スポンサーリンク

日本人は世界で最も肩こりに悩む国民

日本人の半数以上が悩む肩こり。こんなに肩に苦痛を感じている国民は日本人だけです。何故、日本人だけこんなに肩こりに悩むことになったのでしょう。それには諸説あります。

肉体的な問題という説

日本人の多くは、白人や黒人に比べて身体が小さく黄色人種の中でも比較的身体が小さい民族です。頭は7㎏以上ある重い部位ですが、その重い頭を小さな身体、少ない筋肉で支えなくてはならないため、日本人は肩こりが多いのではないか?と言われています。

確かに、身体をしっかり鍛えている人はあまり肩こりを訴えない傾向にあるような気がしますよね。しかし、身体を鍛えている人は、筋肉がしっかりしているだけではなく、代謝も良くなるので、血液やリンパ液の流れが良いので肩こりしにくいのかもしれません。

日本人の習慣による説

日本人の独特な習慣の一つに「うなずき」があります。日本では他人の話を聞くときに、自然にうなずいて見せるという習慣があり、このうなずきの回数は他国の人々と比べて数倍の回数と言われています。重い頭を何度も上下に動かす行動を無意識に一日中行っていると、肩が疲れてくるという説です。

「肩こり」という言葉があるから肩こりを感じると言う説

日本人は肩が凝っていると感じますが、海外では「背中」「首」など、肩のあたりのコリはもっと広範囲の意識があるようです。

日本に「肩こり」という言葉ができたのは、一説によると夏目漱石による造語であるといいます。夏目漱石の「」の中に肩こりという言葉がでてきてから、日本人が感じていた肩のあたりの不快感を「肩こり」と感じるようになったのではないかと言う説です。

しかし、「肩こり」という言葉が無かっただけで、肩こりの症状のようなものがあったことは文献に残っています。

痃癖/肩癖(けんぺき)という症状が1686年の医学書「病名彙解」に紹介されていて、肩こりに似た症状のものを差したようです。痃癖の俗語が「うちかた」と言われていたため、時代を経て肩こりという言葉に変化していったとも考えられています。

海外でも肩こりに悩みだしている

元々、肩こりという概念が無かったと言われていた海外でも、事務仕事が増えたり、パソコンでの業務が増えることで肩こりという概念が生まれてきました。

肩こりとは無縁だったと思われる白人も肩こりは急増しています。パソコンスマートフォンが原因と言われています。

英語で肩こりをstiff shouldersと言います。stiff は形容詞で「(筋肉・関節が)凝った」「(動かすと)痛い」という意味です。

肩こりに悩む英文がいろいろ出てくるようになったので、それだけ、肩こりも国際化されたのですね。

ちなみに、世界で肩こりが認識されるようになったため、日本の「指圧」が「shiatsu」と、英語辞書に載るようになったそうです。

指圧も国際社会で認知され必要とされるようになったのですね。

コンビニより多いマッサージ

日本のリラクゼーションマッサージの店舗15万件を超えているという説があります。これはすでに日本のコンビニエンスストアの総数5万5千店をはるかに越えています。

驚きの数字ですね!それだけ日本人の多くが肩こりに悩んでいるのですね。

まとめ

肩こりは、首から背中の広い面積を占める僧帽筋に起こる症状。肩こりを感じる原因は様々ですが、予防するには、適度に運動をすることが最も効果的です。同じ姿勢を続けて仕事をしたり、眼精疲労になったり、ストレスで思い悩むことも肩こりに繋がりますが、どの原因も軽い運動をすることで回避できます。

しかし、肩こりは病気の症状として現れることもあります。あまりにも頑固な肩こりの場合には、病院で診察してもらうほうが良いので要注意です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする