自己肯定感が高い生き方を目指そう!日本人は自己肯定が苦手 1

スポンサーリンク

自己肯定感というのは、自分を愛する能力や根拠の無い自信(根拠の必要のない自信)と、考えると良いかもしれません。

日本人は、とても自己肯定感の低い国民だと言われます。自己肯定感が高ければ、人の幸福度も高くなると思いますが、私たち日本人が苦手な自己肯定!どのように考えればよいのでしょうか?

スポンサーリンク

自己肯定感が低い日本人

日本、アメリカ、中国、韓国高校生を対象とした調査結果で、自己肯定感は日本人が圧倒的に低い結果が出たそうです。

自分はだめな人間だと思うことがある」という質問に対して、日本人の72.5%が「とてもそう思う」「まあそう思う」と回答。

これは同じ質問に対する答え、中国(56.4%)、アメリカ(45.1%)、 韓国(35.2%)と比べと突出して高い割合です。

出典:国立青少年振興機構調査   モチベーションアップの法則

このような調査は、設問の作り方で回答がかなり左右されるので、この数値だけで判断することはできませんが、専門家の様々な見解を見ても、日本人の自己肯定感の低さは世界的にみても顕著だと言います。

自己肯定を他人からの評価に変える国民性・教育

日本人の特徴として大きいのが、「他人からの評価を得て初めて存在価値がある」と思い込まされてしまう場面が多いことが考えられると言います。

これは、内閣府の「子ども・若者白書」の国際比較調査の結果からも推察することができるそうで、海外の若者たちは自己評価を自分の内在的な価値観で判断するのに比べ、日本の若者は自己評価を他者からの評価で決めてしまうことがかなり詳細なデータ比較で顕著になっているのです。

学校教育と親の教育

筆者を例に挙げてみます。

筆者の子供のころの経験で、親に通知表を見せた時、もしくはテストを見せた時、評価されるのは数字でした。もしくは偏差値

筆者が子供の時代でも勉強の評価以外の項目は存在しましたが、そこに親はあまり注目していませんでした。これは、親を否定しているわけではなく、親も学業の成績を気に掛けなくてはならないという知識しか持ち合わせることができない状況であったと筆者は考えています。

本来、もっと注目すべきところはたくさんあるものです。

  • 体育の授業で跳び箱を何段飛べるようになったのか?それはどういう工夫をしたの?
  • 読書感想文を書いたの?何が気になったの?ここの表現が面白いね!
  • 学習発表会で何をするの?うまくやるために一緒に考えようか!

そもそも、学校教育の評価は他者との比較の評価です。親が、我が子の評価を他者と比較した数字評価を元に、そして我が子本人の内在的な価値を他者と比較することを前提としてしまうために、子供はその価値観に倣い育つのは当たり前のことです。

学校は、学びのコンテンツを提供してくれるところであり、子供を育てる上でほんの一要素でしかないことを日本の親はもっと真剣に考えるべきではないかと考えます。

現在の若者は、筆者達の世代よりは偏差値教育とは違う教育カリキュラムを受けていますが、何せ、筆者達「偏差値世代」は深く深偏差値教育を刷り込まれている世代です。私たちも意図せず、どこかで偏差値教育の名残を若者に投影していることが多々あるでしょう。

日本の国民性

日本の教育を先に問題視する文章を書きましたが、この素地となるのは国民性でもあります。日本人は歴史的に、謙虚を美徳としてきました。

これも筆者を例にあげます。

筆者は自分が英語を話せると思っていません。事実、海外の映画や映像を見ていても、英語では理解できませんし、英語の文章も、義務教育でかなり時間を割いて学んでいたにも関わらず読むことができません。

しかし、海外旅行に行くと、会話が成立しています国内で外国人に英語で何か話をされたときにもコミュニケーションを取っています。つまり、英語を話せているのです。

実は人間のコミュニケーションで言語領域は全体の2割。その他は、表情や雰囲気、その他の多数の要素でコミュニケーションを行っているものなのです。

筆者はそれを頭で理解していても、英語を話せますか?と、訊ねられたら「話せません」と答えるでしょう。この自信の無い在り様は、筆者がバリバリの日本人だからだと思います。

日本人は成功した時の自尊感情よりも、失敗した時の自尊感情の低下のほうが優勢になってしまうと言います。謙虚な心が喜びの感情より、失敗の記憶を優先させるのでしょう。

まとめ

今日は、自己肯定感の低い日本人についてご紹介しましたが、自己肯定感が低いことがもたらすデメリットを明日ご紹介します。

しかし、改めて感じ入るのは、自分は本当に日本人らしい日本人!自己肯定感を高く持つことは難しいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする