ダイエットのリバウンドの原因はホメオスタシス

スポンサーリンク

食事制限のダイエットにチャレンジして、結局リバウンドしてしまうと言う話はよく耳にします。筆者はリバウンドの原因は「すごく我慢したことが耐えられなくなったためにたくさん食べてしまう」から、太るのかな?と、思っていたのですが・・・実は、このリバウンドは精神論ではなくて、人間に備わった体の構造によるものなのです。

今日は、食事制限ダイエットでどうしてリバウンドが起こるのか?を、ご紹介します。

スポンサーリンク

人間に備わったホメオスタシスという機能

ホメオスタシスとは、生体の内部や外部の環境の変化に対して、その生体が生命を維持するための生体恒常性という性質です。

例えば、外気がとても低くても、人(生体)は体温を一定に保つように体が機能します。また、身体の血圧を一定に保とうとしたり、体内の水分や体液の浸透圧を保とうとしたりする機能です。

もっと具体的に体感している例を挙げると、熱いものを食べると汗をかいて体温を下げようとします。とても冷たいものを食べると身震いして身体を温めようとします。このように、身体を外部の何らかの変化に対して守る働きをしていることをホメオスタシスと言います。

ホメオスタシスが引き起こすリバウンド

食事制限によるダイエットは、人為的に行う「飢餓状態と言うと、大げさに聞こえるでしょうか?しかし、人間の脳は、体重が急激に落ちる、基礎代謝に対して食事を満足に得ることができないと感じると、「飢餓状態になっている」と判断するのです。

ホメオスタシス効果で、身体を守ろうとし、飢餓状態にある身体の基礎代謝を抑えるように制御が始まります。

これが、ダイエットの停滞期です。

食事制限のダイエットはある一定期間は順調に進みますが、突然、あまり体重が減らなくなります。この目安は、一か月に体重が5%以上減少すると最大限に働くと言われています。つまり短期間で急激に体重を落とすほど、ホメオスタシス効果は大きく作用しだすのです。

体重減少の停滞期にダイエットを諦める人が多いのですが、ここで食事を通常量に戻してしまうと、身体はホメオスタシス効果で基礎代謝を抑えているのに、摂取カロリーが多くなりすぎることになります。そのため、一気に体重が増えだします。

ホメオスタシス効果を抑えるダイエット

食事制限ダイエットでは、体重減少の停滞期に入ったら、少しだけ食べる量を増やすことでホメオスタシス効果を抑制することができます。「ひどい飢餓状態ではないですよー」と、少しだけダイエットを緩めるのです。体重が減らないことで諦めないで、少し余裕を持つ時期と捉え、この時期を乗り越えることでまた順調に体重が減少しだすのです。

ホメオスタシスはとても大切な機能

人が遭難したり、極限状態で食べ物が無くなっても、なんとか生き延びた!という事例があります。一週間も食べ物が無い状態で瓦礫の下から子供が救助されたニュースもありましたね!これは、ホメオスタシス効果がうまく機能し、身体から余分なエネルギーを放出しないように温存したからです。

全ての生物にあるホメオスタシス(恒常性)

人間、哺乳類、鳥類は体温を保ったり、エネルギーを温存することなど、似通ったホメオスタシスを持ち合わせますが、基本的にすべての生物にこのホメオスタシスがあります。生物は細胞でできています。細胞の中の浸透圧を保つことができなければ死滅してしまいます。細胞の浸透圧を一定に保とうとするのもホメオスタシス。

おそらく、地球上の生命の中で、目の前に食べ物があっても痩せなくちゃ!と、考えるのは人間だけでしょう。確かに、ほかの生物でも、赤ちゃんに餌を与えるために自分が食べない親、冬に備えて食べ物を備蓄する習性などはありますが・・・わざわざ飢餓状態に身を置くのは人間くらい。

そう考えると、人間はあらゆる生命が持ち合わせている「生きる本能」に逆らってダイエットをしている!つまり、それだけリバウンドに打ち勝つのは大変!と言うことですね。

まとめ

ダイエットを成功させるには、人の身体の機能について良く知っておくことで、リバウンドを回避しやすくなります。気持ちだけで乗り切るのは大変!何せ、全ての生物が持ち合わせる恒常性に逆らう行為なのですから!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする