日本では患者100万人以上!見えないアルコール依存症!

スポンサーリンク

お酒は百薬の長とも言われ、生活の中に欠かせない存在の人は多いと思います。しかし、アルコール依存症は知らず知らずのうちに忍び寄り、身体を蝕みます。

筆者の知り合いにはアルコール依存症に悩む人が居ましたが、大変な苦悩を抱え、家族も大変な苦労をしていました。

日本ではアルコール依存症の患者が100万人以上いると言われています。また、その予備軍は440万人という調査結果があります。そして、アルコール依存症になる人はどんどん増えています。

今日は、アルコール依存症についてご紹介します。

スポンサーリンク

アルコール依存症の症状

アルコール依存症になってしまうと、アルコールの飲み方を自分でコントロールできなくなります。自分の意志では、全く飲酒量をコントロールすることができません。

アルコール依存症が酷く悪化した場合には、飲酒しなければ震えたり、脳が委縮して多くの疾患を併発します。しかし、今回はこの重症の進行状態のことではなく、アルコール依存が始まっているのに気が付いていない症状をご紹介します。

否認の病

アルコール依存症になっている人は、自分が依存症になっていることを否認します。飲酒量を自分でコントロールできていると思っているのです。

ここは筆者の私見になりますが、タバコを吸う人は自分が依存症のためにタバコをやめられないと解っています薬物依存も「ダメなのにやめられない」と解っていますが、アルコール依存症が増えている一つの要因に「飲酒が悪ではない」「適度な飲酒は身体に良くストレス発散になる」という考えがある背景があるため、自分の飲酒欲求を疑うことが難しいことが考えられます。

自分はいつでも酒をやめられる」「自分は飲酒量をコントロールできる」と思っている人は、一週間完全にお酒を口にしない生活ができるかどうか?を、試してみてください。

もし、一週間の酒断ちができれば、依存症ではありません。しかし、できなければ依存症です!

一人でお酒を飲む人はアルコール依存症になりやすい

精神医学的にみると、大人数でワイワイと飲むお酒より、独りでお酒を飲む機会が多い人ほどアルコール依存症の危険性が高いと言われています。

つまり「孤独感を感じないために飲むお酒」は依存性が増す危険性が高いのです。

厚生労働省などが発表している、アルコール依存症になる可能性が高い飲酒量の目安があります。ざっくり言うと、一日の適量はビール500mlです。500ml缶を毎日3缶飲む人はかなりハイリスクとされています。

しかし、人により肝機能の個体差があるため、実のところ、飲酒量より、飲酒スタイルの方を重視するほうが良いという考え方があるのです。

これは、全ての依存症に言えることですが、自分の孤独感を払拭するために何かに依存するのは、メンタルヘルス的にとても危険度が高いのです。

ゲーム、スマホ、食べ物、ネット・・・どれも、依存しやすいものですが、アルコール依存症がとても厄介なのは、60種類以上の病気の因子になってしまう依存症であるからです。

アルコールをほぼ毎日(週5日以上)飲んでいるならかなり危険

飲酒量が少なかったとしても、ほぼ毎日飲んでいる時点で、アルコールに対する依存が発生している可能性がとても高いと言う精神科医も居ます。

無意識のストレスをアルコールで解消しようとしている行為自体が、すでに依存である可能性がとても高いのです。

アルコール依存症の人は病識が無い

アルコール依存症についての知識をあまり持ち合わせていないために、アルコール依存症のイメージで自己判断している場合が多く、進行するまで気が付かない人が多いのです。

アルコール依存症は朝から酒を飲む」「アルコールが抜けると手足が震える」「アルコールのために暴力的になる」などの、イメージに自分が該当しないために、依存症ではないと思ってしまうケースです。

これらの、過去に「アル中」と言われたような症状は、末期症状です。アルコール依存症の初期症状は、飲酒する自分をコントロールできているという、思い込み、「認められない」ことにあります。

アルコール性肝機能障害

筆者は、アルコール性の肝炎になり入院したことがあります。二か月近く入院し、完全に完治し、今現在、肝機能数値はずっと正常です。

筆者はさほど酒が好きでもないし、アルコールに対して耐性も弱いのですが、仕事のストレスでかなり飲酒していた時期に、アルコール性肝炎になってしまいました。

しかし、肝臓というのはとても回復力のある臓器で、痛めても、しっかり治療することで機能が復活します。

しかし、ここで、肝硬変になってしまった場合、治すことはほぼ不可能です。

肝機能が落ちた場合、絶対的に禁酒です。肝機能の数値が戻ってから、また適度にお酒を飲むことができます。

まとめ

筆者は酒が好きなわけでは無いので、今はほとんどお酒を飲みません。ストレス解消のための飲酒はやめました。依存症にならないうちに、お酒をやめることができて良かったです。

肝機能に問題があるのに飲酒をしている人は、先ずは、自分がアルコール依存症になっていないかどうか?を確認したほうが良いです。

ストレスから解放されるために飲むお酒は、とても危険性が高いということを、是非忘れないでください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする