実はにんにくが腹痛や下痢を引き起こす原因!?食べられない体質の人とは?

スポンサーリンク

外食をした後、

お腹を壊してしまうあなた。

何を食べた時にお腹を壊すのか?

考えてみると、

にんにく料理が多い、

と感じていませんか?

にんにくが腹痛や下痢を

起こす事があるのか?

お話しましょう。

どうして、にんにくで

下痢を起こすのか

原因についてご説明します。

そして、腹痛になった場合の

対処法をお伝えしましょう。

スポンサーリンク

なぜにんにくで下痢を起こす人がいるのか?

にんにくに含まれる成分で

下痢を起こす人は

確かに存在します。

にんにくに含まれる

アリインとアリナーゼという成分が原因です。

酵素で反応すると、

硫黄性化合物のアリシンが

作られます。

本来、強い殺菌作用、抗菌作用があり

食中毒予防になるものです。

また、にんにくには、

抗血栓作用や動脈硬化予防、

血行促進の効果があります。

その効果から、肩こりや

冷え性の改善があります。

整腸作用や肝臓の活性化、

脳神経の刺激による、

血圧の安定なども期待できます。

しかし摂取しすぎると、

刺激が強すぎるため

胃腸に負担がかかります。

そして結果的に、

腹痛や下痢につながることもあります。

ご紹介したとおり、

胃の粘膜を刺激して、

本来は消化を促進させてくれます。

ですが空腹時には

刺激が強すぎることがあるため

注意が必要です。

また殺菌作用があるため、

腸内の悪玉菌と同時に

善玉菌も殺してしまいます

その結果、

腸の機能が上手く働かず、

ひどい腹痛や下痢になるのです。

アリシンは、

火を通せば減少する成分。

ですので、にんにくを

隠し味程度に使っているくらいなら、

心配する必要はありません。

ですが、すりおろしのにんにくや、

生のにんにくがのっている場合は、

食べるとお腹の調子が悪くなることも

あります。

同様に油であげた場合、

アリシンの成分は減少しないため、

腹痛や下痢に見舞われることがあります。

また、気づかない間に、

にんにくアレルギー

なっているかもしれません。

アレルギー症状の一つとして

腹痛や下痢を引き起こします。

それ以外に、

吐き気や鼻水、くしゃみ、咳など、

といった症状が出る場合もあります。

少量のアリシンで、

しっかりと火を通した料理でも、

上記のような症状が出る。

そんな場合には、

アレルギーを疑ってください。

そして重症化しないためにも

食べることを避けたほうが良いでしょう。

腹痛や下痢以外の症状に

口内炎や舌炎、皮膚炎を

起こす場合もあります。

腸内には、

ビタミンを生産する働きがあります。

ですがにんにくを食べ過ぎると、

ビタミンを生産する菌も殺すことになり、

ビタミン欠乏症に陥ります。

ビタミンの中でも

特にビタミンB2が不足しやすくなり、

口内炎などの症状に繋がります。

また、貧血になることもあります。

血液をサラサラにする良い効果が、

食べ過ぎによって、

必要以上に溶血作用が強まります

そして血中のヘモグロビンが減少し、

貧血やめまいになることもあるのです。

にんにくが原因で腹痛になった時の対処法

にんにくの成分が原因で

腹痛にみまわれた!

そんな時は、

食べる量を減らしてみましょう。

にんにくの摂取量の目安は

生であれば1片、

火を通している場合は3片です。

また、空腹時ににんにくを食べると

胃を荒らす原因になります。

ですので、

ご飯などを食べた上で

にんにく料理に手をつけてみる

という方法もオススメです。

胃を守るために、

ヨーグルトや牛乳、納豆などを食べてから

という方法も効果的でしょう。

お話したとおり、

にんにくは善玉菌をも殺してしまいます。

ですので、ヨーグルトなどを摂取すれば

善玉菌を増やすことが出来ますね。

まとめ

にんにくは本来、

身体にとって良い効果が多いです。

大量摂取することも

そう多くはないでしょう。

献立のスパイスとして

使われることが多いため、

腹痛や下痢になることは

少ないはずです。

ただし人によっては、

敏感に反応することもあるため、

にんにくの摂取に無理は禁物です。

ご自身の体に合った摂取量を守り、

適度ににんにくを食べましょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする