飛蚊症の本当の原因から読み解く危険性!若いからと言って油断は厳禁!

スポンサーリンク

飛蚊症と言えば、

40代以上に多い病気

と思われがちですよね。

ですが、最近では10代を中心に

若年層に飛蚊症患者が増えている

と言われているのです。

飛蚊症と言えば

硝子体を通って網膜に入り、

白い物が浮いて見えたり、

視線と共にゴミがついてくるような

現象に悩まされます。

この症状は本当にイヤなものです。

人によっては、

飛蚊症で見える浮遊物が気持ち悪くて

酔ってしまう方もいるそうです。

飛蚊症は一度かかってしまうと

完治するまでに相当な時間が必要

眼科に行っても治すことは難しい、

と言われています。

毎日の暮らしにダメージを

与える飛蚊症。

老化だけが原因ではありません!

10代、20代も飛蚊症に

悩まされています。

今回は飛蚊症の原因や飛蚊症から

起こる目の病気、ケアを紹介しますね。

スポンサーリンク

飛蚊症は目の病気?隠されている本当の原因とは!?

目は紫外線や

ブルーライトを浴びると

網膜に写します。
紫外線が網膜を通して目に入ってくると、

硝子体と言う部分の中に

活性酸素が生まれます。

活性酸素が出てくると、

タンパク質や脂質が酸化してしまいます。

すると硝子体の組織が変わってしまって、

飛蚊症を発症してしまう、

という仕組みです。

飛蚊症は主に加齢が原因だったり、

生理的な事が原因だったり、

と色々と考えられます。

40代以上に多い飛蚊症は

後部硝子体剥離と呼ばれる症状。

後部硝子体剥離とは

硝子体を包んでいるゼリー状の物質が

縮んでしまって網膜から離れて、

水に変化します。

若い硝子体は透明担っているんですが、

加齢や紫外線といった事で

ダメージを受けてしまうと、

ゼリー状の物質が縮んでしまいます。

そうすると濁ってしまって、

眼の中で何か物体が浮いている、

というような症状になってしまって、

飛蚊症に悩まされます。

もうヒトツは生理的な理由によるもの。

ストレス、疲労などから

引き起こされる、と言われています。

基本的に飛蚊症は目薬では

簡単に治ることはありません。

40代以上になれば、

実はかなりたくさんの方が、

飛蚊症に悩まされています。

ですが、

10代や20代で飛蚊症になる方は、

加齢によるダメージを

スピードアップしていることと同じです。

最近では、スマホやパソコンなどの影響で、

1日中ブルーライトを浴びすぎています。

これが硝子体の中に

活性酸素を発生させしまっている

根本の原因なんです。

飛蚊症になってしまった場合には

症状を悪化させないために、

日頃のケアがとても大事です。

気をつけないといけない事は

見えている浮遊物の数が

急激に増えたりすることです。

また、別の病気から

飛蚊症になっている、

というパターンもあります。

網膜の破れてしまう網膜裂孔、

網膜から出血して硝子体に流れる硝子体出血。

網膜裂孔、硝子体出血から

飛蚊症になっている場合は、

放置していると大変危険!

眼科を受診して、

ちゃんとしっかりと治療をしましょう。

飛蚊症は治らない?正しい目のケア&予防法

飛蚊症は目薬をしたところで

完治することはありません。

眼科に行っても「飛蚊症です」

と言われるだけ。

悪化させないケアを

聞くことしかできません。

飛蚊症は感染することはありません

とは言っても、頻繁じゃないにしても

体調によって浮遊物がチラついてしまう、

という事って、正直とってもイヤなものですよね。

飛蚊症になってしまっても、

ケアをしないで今まで通りの生活。

すると浮遊物の量が増えて、

何かあるたびに

毎日、浮き出てくることもあります。

そうならない為にも飛蚊症のケアや

予防法くらいは覚えておきたいですね。

  • 飛蚊症にルテイン!

ルテインがどうして、

飛蚊症に良いと言われるのか?

その理由は、

ルテインは非常に強い抗酸化作用

持っているからです。

目全体の機能を

活性化させてくれる効果が期待できます。

ですので硝子体の中に

活性酸素を発生させてしまう飛蚊症には

ピッタリの対策なんですね。

ルテインが多く含まれる食材と言えば

  • ケール
  • ホウレン草
  • ブロッコリー
  • 葉レタス
  • マリーゴルド

普段の食事くらいでは、

なかなか摂取することは

正直難しいですよね。

そんな場合には、

サプリなんかで補うと良いでしょう。

飛蚊症で悩んでいる方であれば

1日15mg摂取するように

心がけてください。

  • 目を守るサングラス!

飛蚊症は

活性酸素が発生することで

起こります。

活性酸素を発生させる原因は

紫外線やブルーライトです。

外出中はできるだけ、

サングラスをすることで

目を守るようにしてください。

また、パソコン、スマホに関しては

利用時間を減らすことが1番です。

使用するときはブルーライトを

カットするレンズを使用するなど

してくださいね。

  • ストレス軽減!

ストレスを全く感じない暮らしは

不可能です。

でも、ストレスや疲労を感じることで

酸化物を分解してくれる酵素の分泌が不足

してしまいます。

睡眠不足も、

疲労度を悪化させてしまいます。

適度な運動や睡眠を心がけて

ストレス軽減する方法を

見つけてください。

まとめ

飛蚊症は一度発症してしまうと

簡単に治す事ができません。

でも、食生活や生活環境の改善で

浮遊物を薄くする事、

少しずつでも消していく、

といったケアはできます。

飛蚊症になってしまったら

時間がかかるかもしれませんが、

ゆっくりと目のケアを

するようにしましょう。

誰にでも目の老化は

起こってしまうこと。

でも10代や20代で飛蚊症になる、

ということは、

生活環境に問題がある、

ということの表れです。

「最近、飛蚊症が気になる」

と感じる場合には、

スマホやパソコン作業の時間を

減らしてみることから

初めてみてはいかがでしょうか?

そんな小さなことでも、

意外と目は休息してくれます。

飛蚊症の症状も

落ち着くかもしれませんよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする