2ヶ月以上の便秘が原因で危険な病気を引き起こす!?早急に根本治療を!

スポンサーリンク

慢性的な便秘に

悩まされている方は

多いでしょう。

きっと便秘を解消したいと

切望していますよね。

慢性的な便秘についての

理解とその便秘が引き起こす

病気についてお話しましょう。

そして、便秘の慢性化を

改善する方法をお伝えします。

スポンサーリンク

2ヶ月以上の慢性的な便秘は様々な病気を引き起こす可能性が!?

便秘には、

様々なタイプがあることを

ご存知ですか?

突然便秘になる急性便秘と、

便秘が進行して慢性化してしまう

慢性便秘があります。

慢性便秘のうち機能性便秘は、

腸機能が低下したために起こる便秘で、

多くの方がこちらの便秘に

当てはまります。

症状は腹部の膨満感や

倦怠感として現れます。

機能性便秘は、

さらに3つの種類に

わけることが出来ます。

1つは、弛緩性便秘、

そして直腸性便秘、

最後にけいれん性便秘

または過敏性腸症候群となります。

慢性便秘のうち器質性便秘は、

病気が原因で起こる便秘です。

代表的な病気は、大腸がんや

大腸ポリープの可能性も。

また女性の場合、

子宮筋腫を患ってしまって、

腸管を圧迫して便秘になる、

という可能性もあります。

慢性便秘の可能性を疑うには、

以下の項目に当てはまるか、

チェックしてみてください。

  • 便秘解消のため生活習慣を見直しても、一向に便秘が改善されない。
  • 腹部に経験したことのない痛みや違和感を覚える事がある。
  • 形状がとても細長いもの、厚みのない平らな便が出ることが多いと感じる。
  • 便以外に血や粘液が出ることが多い。
  • 激しい腹痛や嘔吐の症状がある。

慢性的な便秘を放っておくと、

症状が出にくい大腸がんや

細菌感染による腹膜炎などの可能性

が出てきます。

また腸管が詰まる腸閉塞、

潰瘍性大腸炎など、

大病になりかねません。

大病を患っているにも関わらず

見落としていることもありますので、

慢性便秘はすぐに改善が必要です。

便秘が慢性化しているなら普通の生活じゃ絶対に改善不可能!

病気が原因でない場合、

慢性便秘は生活習慣が原因

発症しています。

便秘を解消するには、

やはり生活習慣の改善が必要です。

食生活は、

発酵食品を積極的に摂取することで

排便が促されます。

水分補給を日常的に行うことも

便が固くならずに済むには

重要な点です。

また、適度な運動や規則正しい生活

重要とされています。

ストレスをためていると、

自律神経の乱れにより

便秘になることも多いです。

ご自身に合ったリラックス方法を

見出しましょう。

多くの方は、

生活習慣の改善を行っていても、

症状が改善されずに

悩んでいることもあります。

慢性便秘を改善するには

薬の服用も視野に入れても良いでしょう。

便秘薬には市販薬と

病院から処方される

医療用便秘薬があります。

主な市販薬は、

大腸刺激型と言われる薬。

腸に働きかけ、排便を促し、

一時的な便秘解消効果が期待できます。

ただし常用していると

腸が刺激に慣れてしまい、

薬に反応せず根本的な便秘解消に

ならない事があります。

一方、医療用便秘薬は、

水溶性の食物繊維を

主成分としている場合や、

腸内の水分バランスの

コントロールを行ったりすることで、

腸の内側から排便を促す薬が

多くなっています。

服用し続けることで、

腸の水分調節機能を整える効果があるため、

根本的な便秘改善につながる

と言われています。

便秘薬には、水分と同時に摂取する

膨張性下剤や浸透圧性下剤があります。

こちらは、

腸内になるべく長時間滞在し、

沢山の水分を便に浸透させ、

便を柔らかくする効果がある薬です。

大腸刺激性下剤は、

大腸の粘膜を刺激し排便を促す薬です。

効果に6~8時間ほどの時間を要するため、

就寝前に服用するパターンが多いです。

長期間服用には向かず、

腹痛を伴う可能性もあります。

便秘薬を長期で使用することは、

下剤が効きにくくなる可能性

念頭に置きましょう。

便秘と下剤の服用を繰り返していると、

腸が伸び切ってしまい、

麻痺性イレウスという状態に

なることもあります。

まとめ

辛い便秘には

様々な種類があることが

分かりました。

生活習慣の乱れで

便秘になることが多いため、

本来生活習慣を見直せば治る便秘。

ところが慢性便秘になってしまうと、

簡単には元の状態に

戻らないこともあります。

そのような場合は、

医師の診断を受けてください。

1日も早く快便になることを

祈っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする