妊娠初期の冷え性は危険な事も!?赤ちゃんへの悪影響と正しい対策を!

スポンサーリンク

多くの妊婦さんの

マイナートラブルとして

冷え性があります。

妊娠すると、

今までは縁のなかった冷え性に

なってしまうことがあります。

手足が冷えて、

お腹も冷えてきたりすると

「赤ちゃんも大丈夫かな?」

と心配になってしまいますよね。

妊娠中、特に妊娠初期の冷え性は

危険を伴うことがあるんです。

妊娠と冷え性の関係と

気をつけなければいけないことについて

お伝えしていきますね。

スポンサーリンク

妊娠したら冷え性になるのはナゼ?赤ちゃんへも悪影響が!

妊娠すると、なぜ冷え性に

なりやすいのでしょうか?

また、赤ちゃんには

どういった危険性が

あるのでしょうか?

妊娠すると

ホルモンバランスが崩れたり、

お腹が大きくなったりと

体形が大きく変わります。

姿勢が崩れたりすることで、

血行が悪くなります

血流が悪くなることで、

冷え性が起こりやすくなります。

また妊娠初期は、

つわりが始まる方も多くいます。

気持ちが悪くなり

食事が思うようにできなくなってしまう。

という方も多いです。

食事の量が少なくなってしまうと、

その分、体で作られるエネルギー量も

減ってしまいます。

そうすると、体が温まらなくなり、

冷え性が起こってしまうのです。

冷え性に伴う赤ちゃんへの危険性は

どのようなものがあるでしょうか?

体が冷えやすくなると、

赤ちゃんへの栄養を送る機能に支障をきたす恐れ

があります。

十分な栄養が

行き渡らなくなってしまうと、

かなり危険。

赤ちゃんが低出生体重児になったり、

切迫流産や早産の原因となってしまう、

という事もあるんです。

またお腹が冷えると、子宮も冷えて、

赤ちゃんが温かいところを探して

くるくる回るようになります。

するとやがては、

逆子になってしまう場合もあります。

それから赤ちゃんだけでなく、

お母さんへの悪影響もあります。

体が冷えてしまうことで、

つわりが悪化したり

手足のむくみの原因となったり。

お腹の張りがひどくなる、

という場合もあります。

また、便秘になりやすかったり

腰痛が起こる原因ともなります。

このように妊婦の冷え性は、

様々な心配な悪影響を

引き起こしてしまう可能性が

あるんです。

妊娠初期だからこそ要注意!正しい冷え性対策を!

冷え性は妊娠初期から

気をつけましょう。

妊娠初期は、

赤ちゃんの体が急速に形成される、

とても重要な時期です。

そのときに冷え性が原因となって、

赤ちゃんにも影響を与えてしまっては

大変だからです。

正しい冷え性対策として

3つのことをマタニティライフに

取り入れてみましょう。

  1. 冷えないような服装をする

寒いからと言って、上着を着こんだり

帽子をかぶってばかりでは

冷え性は解消しないので注意です。

冷えは下半身から起こります。

靴下やレッグウォーマーで

足元から温めるようにしましょう。

また、腹巻やお腹を

やさしくつつんでくれるような、

マタニティショーツをはいて、

お腹も温かくしましょう。

  1. 軽い運動をする

つわりのつらい時期や妊娠初期には、

無理に体を動かそうとしなくても大丈夫。

ですが、徐々に軽い運動をしても

いいですね。

運動をすると温まりますし、

血行も良くなります。

軽めの運動で、近所や公園を

散歩をしてみましょう。

安定期に入って、

医師の確認も取れれば

マタニティヨガも良いでしょう。

リフレッシュできますので

オススメですよ。

  1. 温まる食事をする

かぼちゃやごぼう、にんじんなどの野菜で

スープや味噌汁を作ってみてもいいでしょう。

また、生姜湯や白湯で

体を温めるようにしましょう。

生姜湯はさっぱりするので、

つわりにも効果的です。

まとめ

ここまで冷え性が妊婦さんや

赤ちゃんにもたらしてしまう悪影響と、

冷え性対策について

お話してきました。

ぽかぽかと体が温まれば、

気持ちも和らぎます。

今しかない、赤ちゃんとの時を

大切に過ごしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする