副業の確定申告は20万円から!FXの利益も申告しないと追徴課税!!

スポンサーリンク

2017年(平成29年)の確定申告平成30年2月16日から始まります。まだまだ先の話のようですが・・・確定申告の必要な人は、必ず年明けから慌てます!個人事業主副業をしている人は、耳の痛い話しですよね。そして、サラリーマンや主婦の方には確定申告は通常は関係ないのですが、何か突然の収入があったり、大きな病気をして医療費がかさんだり、家を建てた場合などには確定申告が必要になります。

さて、確定申告が必要な人はどんな人なのでしょう?今日は確定申告の基礎知識を調べてご紹介します。

スポンサーリンク

確定申告とは

まず、確定申告の定義をしっかり頭に入れておきましょう。

  • 個人がその年の1月1日から12月31日までに収入支出医療費寄付扶養家族状況から所得を計算した申告書を税務署へ提出し、納付すべき所得税額を確定すること。
  • 法人が、原則として定款に定めた営業年度を課税期間としてその期間内の所得を計算した申告書を税務署へ提出し、納付すべき法人税額を確定すること。
  • 消費税の課税事業者である個人または法人課税期間内における消費税額を計算した申告書を税務署へ提出し、その納税額を確定すること

基本的には、なんらかの収入がある人はすべて確定申告が必要です。未成年の学生なら申告がいらないように感じますが・・・実は38万円をこえる収入があるなら、中学生でも申告する必要がありますし、住民税については35万円以上の収入がある場合には、市町村に届け出て支払う必要があるのです。

日本人の80%以上は雇用者(会社に所属している)なので、大抵の人は確定申告をあまり経験しません。それは、会社が従業員の確定申告を代行してくれているからです。大抵のサラリーマンは年末調整が確定申告の代わりになります。

確定申告が不必要な人

確定申告が必要ない人を簡単に説明します。

会社に所属している従業員で会社が年末調整を行ってくれた人

※一般的なサラリーマン

・所得が少額(基礎控除のみで所得が38万円以下)の人

基礎控除とは、どんな人も一律に受けられる控除のこと。無条件の控除額

公的年金などの収入金額の合計額が400万円以下で、その他の所得が20万円以下の人

※年金受給者の方々は確定申告が大変なので、公的年金等に係る「確定申告不要制度」という特例が設けられています。サラリーマン、個人事業主などには適用されません。

サラリーマンで、副業が無い人年収が2000万円以下の人は会社任せで大丈夫です。収入が38万円以下の人も基礎控除額で相殺されるので確定申告が不要です。年金受給者の方も400万円以下の受給額であれば基本的に確定申告の必要無し。

確定申告が必要な人

サラリーマンでも確定申告が必要な場合があります。

・給与年収だけで2000万円をこえる人

・給与所得以外に副収入が20万円を超える人

・会社が源泉徴収をしてくれないサラリーマン

最近、FXをはじめとする副収入を得るサラリーマンが多いのですが、FXの利益が20万円を超えた場合は確定申告をしなくては、追徴課税の対象になってしまいます。「ばれなければ良いだろう」と思っていた人が多かったようで、最近はFXの会社が税務署への報告義務があるそうです。そのため、申告を怠っていた場合、罰則がかなり厳しいのでしっかり確定申告したほうが良いです。

自営業の人は、FXで出した損を赤字として持ち越すことができるので、儲かっても損をしていてもきちんと申告したほうが良いですね。

確定申告をしたほうが良い場合

確定申告をするとお金が戻ってくる場合もあります。

・サラリーマンで源泉徴収されているけど、医療費が多くかかった場合家を建てた場合寄付をした場合などに控除が適用されます。

・サラリーマンで年末調整前に就職が決まっていない人

・副収入所得が20万円以下のサラリーマンで、副収入に対しても源泉徴収されている人

・アルバイトをしている人で源泉徴収されているけど、年末調整を受けていない人

医療費や家を建てた場合の確定申告はみなさんもご存知だと思います。サラリーマンの副収入に対する課税も確定申告することで、お金が返ってくる可能性があります。昨年は副収入が多かったのに、今年はあまり副収入が無かった場合は、昨年の収入額で納税しているので税金が戻ってくるのです。

アルバイトは源泉徴収された金額で報酬が支払われている場合が多いのですが、年末調整が行われない場合が多いです。アルバイトで収入を得ている人はしっかり確定申告したほうが良いですね。

自営業の人は所得が少なくても青色申告がおすすめ

確定申告には青色と白色があります。ざっくり完結に説明すると、白色申告申告する項目が少なく書類が少ないので少し楽です。青色申告は、事前に税務署への登録が必要ですし、申告する帳簿も面倒になります。しかし、メリットも大きいのです。

青色申告のメリット

・青色申告特別控除(最高65万円)がある

・赤字が繰り越せる(3年間)

・家族への給与が経費にできる

青色申告することで、とても節約できるのです。「あんまり儲かっていないから、白色でいいや」と思う人が多いかもしれませんが、儲かっていない時期の赤字を3年も持ち越せるのは、経営をとても楽にしてくれるので、是非青色申告にチャレンジしましょう!青色申告で65万円の控除をうけるには、経理がむずかしくなりますが、会計ソフトを使って楽に申告書類を作ることができるので、是非取り入れることをお勧めします。

まとめ

確定申告を真面目に行うのは当たり前のことですが、多くの人が「税金を取られる」という感覚が強く、副業の収益を隠す傾向にあります。しかし、税務署もどんどん監視を強めているので、きちんとした申告をするほうが安心です。

また、確定申告をきちんと行うことで、払いすぎた税金が戻ってくる人もたくさんいるので、もっと確定申告を理解しておくことがおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする