世界三大宗教と聖地エルサレムをめぐり争いがおこる理由

スポンサーリンク

世界三大宗教というと、どの宗教を思い浮かべますか?キリスト教は間違いなく頭に浮かぶと思います。私たちに馴染みの深い仏教もランクインしそうですね?世界的にみると、どの宗教が多く信仰されているのでしょう?

今日は世界の宗教をざっくりと調べてご紹介します。

スポンサーリンク

世界三大宗教

世界三大宗教仏教キリスト教イスラム教を指します。しかし、この三大宗教という用語を使うのは日本と中国などだけで、英語で「世界三大宗教」に相当する用語はありません。概念が違うのかもしれませんね。また、何を基準に世界三大宗教が挙げられているかというと、信者の数では無いのです。世界三大宗教は世界に影響を与えている程度を要素としており、信者の多さを指していません。

信者の多さランキング

では、信者が多い宗教は?細かく分かれた宗派はちょっと無視して、信者の数を調べてみました。

1位キリスト教 推定20億人

2位イスラム教 推定16億人

3位ヒンドゥー教 推定9億人

仏教の信者は4億人くらいで、そのうち日本で信仰する人は8000万人といわれています。ユダヤ教の信者は1400万人儒教は630万人くらいなのです。ちなみに、日本の古来より伝わる神道は公称1億人ですが、実際には300万人といわれています。なにをもって信仰しているのか?という定義が難しいですね。日本人なら誰でも一度は神社にお参りしていると思うので、信者が1億人といっても過言では無いかもしれません。

ヒンドゥー教はインドの全域で信仰されているので、信者がとても多いのですが、インドの外ではあまり信仰されていません。

仏教の起源

仏教は紀元前5世紀釈迦によって開かれた宗教です。仏教は現在ではアジアの広い範囲で信仰されています。中国、スリランカ、日本、台湾、タイなどに信者が多いのです。タイや日本は国民の大多数が仏教徒です。発祥の地、インドでは900万人くらいの信者がいるようです。意外に少ないですね。インドでは12世紀のインドの王朝パーラ朝の崩壊後、イスラム勢力の侵略など、歴史変遷の中で仏教が衰退し、19世紀には一旦、インド国内の仏教は絶滅したと言われています。近年になりインド国内でも仏教が信仰を取り戻しつつあります。

3つの宗教と聖地エルサレム

キリスト教とイスラム教は、どちらもユダヤ教から派生したものです。ユダヤ教は紀元前13世紀以降のイスラエル地域で出来上がった、とても古い宗教なのです。

とても古いユダヤ教

ユダヤ教の聖地はエルサレム。ユダヤ教の神はヤハウェと言われる唯一神です。日本ではエホバと呼ばれます。ユダヤ教にとって何故エルサレムが聖地とされるか?と、いうと、ユダヤ教のイスラエル王国やユダ王国(紀元前10~紀元前6世紀)の首都であったこと、そしてその神殿であるエルサレム神殿の壁が「嘆きの壁として残っているからです。

第二次世界大戦後にユダヤ人のために建国されたイスラエルはこの古い歴史にのっとりアラブ人の国であるパレスチナの地に作られたのです。

世界に広まったキリスト教

現在もっとも信者が多い宗教であり、私たちの暦や西暦といった様々な生活の基盤にもなっているキリスト教。言わずと知れた、イエス・キリストを神の子とする宗教です。このキリスト教にとってもエルサレムは聖地です。何故なら、イエス・キリストが磔にされて処刑されたのがエルサレムだからです。

イスラム教の聖地もエルサレム

イスラム教にはいくつかの聖地がありますが、その一つがエルサレムです。エルサレムは、イスラム教の開祖である預言者ムハンマドが、エルサレムの岩の上から昇天した言い伝えがあるからです。岩のドームとして有名な金色のドームの中に、聖地の岩があるのです。

ちなみに、イスラム教徒の人達が日に何度もお祈りをしますが、そのお祈りは聖地メッカ(サウジアラビア)に向かって行われる決まりになっています。

3つの宗教の聖地争奪の戦い

イスラム諸国で争いが絶えないことの一つの原因が、この聖地を争う問題にあります。古い時代から何度も何度も聖地をめぐる宗教争いがあり、中世期からエルサレムはイスラム諸国に治められていました。ところが、パレスチナはイスラム教の国ですが、そこにユダヤ教の国イスラエルが無理やり建国されてしまいました。そしてパレスチナの中にエルサレムがあったのです。

イスラエルはエルサレム奪還のために、パレスチナと戦うことになってしまいました。現在は実質的にはイスラエルがエルサレムを首都としていますが、国際的に認めることが難しい状況です。

まとめ

インドで生まれた仏教が、遠く離れた日本で最も信仰される宗教になり、日本の古来より信仰された宗教である神道よりもずっと多くの信者がいるのも、インドからいったん仏教が消えてしまったのも、すべて歴史の中の政治が関係します。

そして、ユダヤ教を原点とするイスラム教やキリスト教が世界に多くの信者を抱えるのも、政治利用されたからです。サウジアラビア憲法の代わりにイスラム教のコーランが使われています。日本人が感じているより、世界中の人にとってそれぞれが信仰する宗教はとても生活や歴史に深く根付いているものなのでしょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする