オシャレな多肉植物が大ブーム!

スポンサーリンク

今、女性の間で多肉植物が大ブームです。若い女の子の多肉植物愛好家を「多肉女子」と言うようです。

多肉植物はサボテンやアロエを含む、乾燥地帯に生息する肉厚の葉をもつ植物ですが、品種改良もすすみ、園芸商品として販売されている品種は無数!非常に数が多く、世界中に愛好家が居ます。

お部屋の観葉植物を多肉植物にしてみると、びっくりするくらいオシャレになり、なおかつ、育てやすい。そして、多肉植物は自分で簡単に増やせる楽しみもあるのです。

今日はブームの最中にある多肉植物をご紹介します。

スポンサーリンク

SNSでみる多肉植物

先ずは、インスタグラムに投稿されている、かわいい多肉植物の寄せ植えをご紹介します。百聞は一見に如かずで、見れば納得。

鉢もこだわり、寄せ植えの多肉植物がインテリアとしてとても素敵に見える工夫がされていますよね。何気ないグリーンが鉢の雰囲気とピッタリマッチしています。

この投稿は男性です。多肉男子も増えているのでしょうか。男性の部屋にも、こんなアウトドアグッズとの組み合わせで、オシャレな寄せ植えができてしまいます。

家にあるマグカップ計量カップガラスの容器グラスなどに小さな多肉植物を寄せ植えするだけでとてもオシャレ。これ手軽さが多肉女子のこころを掴んているのです。

A post shared by リリ (@riri3119) on

多肉植物の扱いに慣れてくると、まるで花のアレンジのような寄せ植えを作ることができるようになります。

SNSに投稿して、とてもかわいい、映えるという、今時の女子の心をがっちりつかむ要素が豊富な多肉植物。一般的な花だとすぐに枯れてしまいますし、観葉植物ではここまで多様性のあるアレンジをするのはなかなか難しいですよね。

多肉植物は色が多い

多肉植物は、グリーンにとどまらず、多くの色があり、花がついていないときにも花のような美しさを楽しむことができるところも魅力の一つなのです。とても色が綺麗な多肉植物をご紹介します。

ピンク色がかわいいグラプトペタルム

多肉植物で寄せ植えをすると、こんなピンクを使うととても甘い雰囲気を演出することができます。グラプトペタルムは夏になると白っぽくなります。赤やピンクで寄せ植えしてグラデーションを楽しむような寄せ植えに向いています。

色の豊富なセダム

多肉植物ではセダム代表的な品種の一つで、様々な色の物があります。セダムの中でも「虹の玉」という品種は夏場には綺麗なグリーンですが秋から紅葉し真っ赤な色に変わります。セダムはとても育てやすく、建物の屋上の緑化にも使われています。

本格的な愛好家は希少価値を重視

多肉植物はサボテンを育てるとわかるように、成長がかなりゆっくりしているものもあり、繁殖が難しいものは希少価値があり数百万円の値が付くような高価なものがあります。それらの多肉植物は盗難されてしまい転売されてしまうような被害が報告されることもあります。びっくりするくらい希少価値の高い多肉植物をご紹介します。

エケベリアのブラッドマリアの取引価格は40万円をこえるものも

いかにも多肉植物らしい、ロゼット(薔薇の花のように見える葉の形状)が見事なエケベリア。その中でもブラッドマリアと言う品種を掛け合わせて品種改良されているものは、ネットでみても40万円をこえています。その価値は筆者には良く解りませんが・・・、中古の車なら買える、サラリーマンの平均月収をはるかに超える価格!

ちなみに、日本の多肉植物の品種改良技術は人気があるらしく、日本で発売される多肉植物はアジア諸国の愛好家の間では高値で取引されるそうです。

ハオルシアは高価なものは200万円くらいの価格がつく多肉植物

ハオルシアの価格は、斑(模様)の入り方で変わるようですが、「万象」「玉扇」という名前のものは200万円をこえるものがあります。これも筆者にはその価値を伝えることができないほど、理解できていないのですが・・・ハオルシアの万象などは、成長がとても遅く、何十年もかけて数センチ伸びる程度。そのため、簡単に増やすことができないので必然的に希少価値がでてくるという事情もあります。

育てやすい多肉植物

ホームセンターやネットのショップをみれば、数百円でかわいい多肉植物を手に入れることができます。

基本的に、あまり水をあげずに放置しておいても元気に育つ多肉植物。そして、大きくなったら、株分けするとすぐに増えますし、品種によっては取れてしまった葉を土の上に置いておくだけで、新しい子株ができてきます(葉挿し)。

いいお天気ですね(^^) てゆーか、暑い(^_^;) #多肉 #多肉植物 #葉差し #succulent

A post shared by nacchan (@nacchan.7.t) on

葉挿しで増えていく様子は、素人が見ていてもなかなか興味深い繁殖方法で、面白い!多肉女子が増えるもう一つの要素が、この繁殖させるのがとても楽しいことにあるのです。

まとめ

ネットを通してみる限り、筆者には多肉女子のかわいい寄せ植えがブームになる気持ちは理解できましたが、愛好家が多額の投資をする希少価値ある多肉植物の魅力はまだまだ理解できませんでした。

身近な容器をオシャレにつかって寄せ植えをしてインテリアにするのは、部屋の雰囲気を素敵に変えてくれます。何より、目の前に植物がある生活は心安らぎます。是非、みなさんも多肉植物を自宅で育ててみてください。そしてSNSで賞賛されるような寄せ植えにチャレンジしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする