日本の神様 天照大神からみる日本の歴史

スポンサーリンク

日本の神様は複数存在し、八百万の神と言う言葉があるほど。日本の古来より伝わる宗教である神道では、神様は無数に存在し、すべての物に神が宿ると考えました。その中でもちょっと特別な存在の天照大神(アマテラスオオミカミ)は、伊勢神宮に祭られる神であり、皇室の祖神であり、日本国民の総氏神

天照大神とは日本神話の中でどのような存在なのでしょうか?日本神話に描かれる神々から日本の中で神という存在がどのように育まれたのかが伝わってきます。今日は天照大神について調べてみました。

スポンサーリンク

天照大神は女神

天照大神は太陽を司る女神です。古来より天照大神が男性なのか?女性なのか?という論争があるようですが、近年は女性であるという説が有力です。最大の根拠は日本書紀の記載に天照大神の弟である素戔嗚尊(スサノオノミコト)が「姉」と呼んでいるところにあります。

伊勢神宮に祀られる天照大神

伊勢神宮は日本全国にある神社・神宮の最高峰にあります。日本の神社の数は80,000社以上にのぼると言われています。伊勢神宮は正式には「神宮」といい、伊勢にある神宮という意味で伊勢神宮と呼ばれます。伊勢神宮は他の神宮とは違い別格であり、神宮と表現するときは伊勢神宮を指します。伊勢神宮の中にある内宮の中に、天照大神は祀られています。

天照大神の誕生

天照大神は父親が伊邪那岐(イザナギ)、母親が伊邪那美(イザナミ)という二人の神の間に生まれた多くの神様の一人です。

伊邪那岐と伊邪那美は兄と妹にして夫婦。神武天皇(日本の初代天皇とされる神話上の天皇)の7代先祖とされ、日本の国土から、すべての物を形作るために高天原の神々から遣わされた神です。

伊邪那岐と伊邪那美の間には神羅万象の神が含まれ、生み出された神の数は無数です。その中で、伊邪那美が火の神であるカグツチを産んだことにより火傷を負って亡くなってしまいます。伊邪那岐は悲しみ怒り、カグツチを殺してしまいます。この間、伊邪那岐が泣いても神様が生まれ、カグツチが殺された血からも神様がどんどん生まれます。伊邪那美に会いたい気持ちを抑えられない伊邪那岐は、黄泉の国(あの世)まで会いに行きますが、時すでに遅し、伊邪那美は現世に戻ることができない身体になっています。黄泉の国の伊邪那美はすでに腐敗した身体に蛆(うじ)がわいた、変わり果てた姿なのです。

黄泉の国から慌てて戻った伊邪那岐は黄泉の国と地上の境を大岩で塞ぎ、伊邪那美と完全に離縁し、黄泉の国の穢れを落とすために禊(みそぎ)を行います。この禊の最中にも様々な神が生まれます。最後に左目からアマテラス右目からツクヨミ(月夜見尊月読命)鼻からスサノオ(建素戔嗚尊速)が生まれます。

日本の神様の上下関係

天照大神は最上位の神様と言えますが、出生は神様の中でもかなり後になります。また、一緒に生まれた兄弟が神様として位が高いというわけでもありません。古代の日本の神道においては、神様にあまり上下はなく、むしろすべて同等なのです。

日本の和という考え方

日本の神々の神話ができてから、海外から儒教や律令という思想や制度が入ってきます。それまでは日本古来の考え方である「」の思想が主流でした。日本人の和とは、みんな同じという考え方なのです。そのため、日本神話の神々にも上下関係は無く、存在するのは役割。天照大神ですら、多くの神々と同じ立場で話し合ったことを実行するという立場だったと解読できるそうです。

儒教や律令が入ってくると、上下関係を重んじる思想が植えつけられることになります。今の私たちは、儒教や律令の他に、西洋社会の上下関係を取り込んだ思想も根付いているので、日本古来のすべて同じである「和」という概念とは少し違う感覚を持っていますが、なんとなく「和」の意味が理解できるのは、日本に根付いた古くからの概念であり、日本人独特の観念だからなのです。

天照大神が最高神になったのは明治時代

もともと神様にあまり上下をつける考え方が無かった日本で、天照大神を最高神のように位置付けることになったのは明治時代。明治14年(1881年)に、「宮中に祭られる神は天照大神」という明治天皇の勅裁を得ることに成功したことによります。

実は、江戸時代まで古事記は解読されていないところが多く、日本の古代史が理解されるようになってきたのは近年のこと。そして、明治維新後に出雲大社を最高神にしようという動きと天照大神を最高神にしようという二派の争いがありました。それに決着をつけ、明治14年に明治天皇が勅令を出したのです。

このように神道の最高神が天照大神に決まったのは、近年の政治の力でした。明治時代から天照大神を天皇家の祖先とし、最高神と位置づけたことが今に生きているのです。

まとめ

天照大神は今は日本の最高神ですが、もともとは八百万の神と同じ和の中で存在する一つの神であり、神様は常に話し合い合議制の中で物事を決めていったとされているのは、日本の魂は太古の神にあるように感じますね。

神々の歴史が人間の都合で変わるというのは、どの宗教も同じ遍歴をたどるようですが、日本も同じ。わざわざ最高神を作らなくてはならなかったのは、政治の事情があるというのも、理解できるような気がします。

しかし、日本らしさを取り戻し、元に戻そうという動きがあっても良いのではないだろうか?と、筆者は感じます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする