魅力あふれる猛将スサノオとクシナダヒメの夫婦愛

スポンサーリンク

日本の八百万の神の中でも、神話が多く、総氏神である天照大御神の弟であるスサノオヤマタノオロチ伝説など、日本中に様々な名残があります。天照大神(アマテラスオオミカミ)に続き、スサノオの伝説をご紹介します。

スポンサーリンク

スサノオのヤマタノオロチ伝説

猛将スサノオは有り余る力で常に災いをもたらすことばかり起こし、天から追放され出雲の地に降り、そこで英雄的な行いをします。それが、八岐大蛇伝説です。

地上に降りたスサノオとクシナダヒメの出会い

高天原(タカマガハラ)から地上に降りたスサノオが斐伊川(島根県の川)沿いに歩いていると、老夫婦若く美しい娘に出会います。老夫婦は泣いていました。

何故、泣いているのかスサノオが尋ねると、「毎年、決まった時期に恐ろしい大蛇がきて、私たちの娘をさらっていくのです。最後に残ったのがこの娘ですが、今度はこの娘がさらわれていくのです」と言う。

話を聞いたスサノオは、その美しい娘、クシナダヒメとの結婚を条件に、大蛇を退治することを提案します。大蛇の様子を聞くと、

「一つの胴体に八つの頭を持ち、尾があり、目はほおずきのように真っ赤で、身体に杉やヒノキが生え、大きさは八つの谷と丘にまたがるほど。そしておなかのあたりは血が滲んでいる」と、言うのです。

そんなに恐ろしい大蛇を退治するために、スサノオは作戦を考えます。先ずは、老夫婦にとても強いお酒を造らせます。そして家の周りに垣根と八つの門を作らせ、その門に造ったお酒を入れたを置くように言いました。

 クシナダヒメを櫛に変身させたスサノオは自分の髪にその櫛を差します。そこへ恐ろしい大蛇が現れました。

大蛇はお酒の匂いにつられ、大きな桶のお酒を飲み干しました。酒を飲み干した大蛇は酔って動かなくなりました。

すかさず大蛇を退治するスサノオ。最後には矢を放ち、大蛇退治に成功します。

大蛇から宝が出てくる

スサノオは大蛇の身体を切り刻みます。すると自分の剣が欠け、大蛇の尾から立派な剣が出てきました。この剣は天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)と言い、天照大神に献上され、三種の神器となり草薙剣(くさなぎのつるぎ)と呼ばれます。

スサノオとクシナダヒメのロマンス

愛する女性を櫛に変えて髪に飾るというのは、古い日本ではとても神聖な行為の現れです。櫛は「霊妙なこと、不思議なこと」を意味する「奇(く)し」「霊(く)し」が語源と言われています。とても神聖な櫛を頭に飾ると言うのは、夫婦の在り方の原型とも考えられる、とてもロマンチックなあり様なのです。

ロマンチストで文学的になっていくスサノオ

ヤマタノオロチを倒した後、スサノオはクシナダヒメと暮らす家を探します。現雲南市の須賀にたどり着くと「ここに着て、我が心須賀須賀し(すがすがしい)」と言い、その地に宮殿を作りました。それから須賀という地名が付けられました。

須賀の地に宮殿を作る際に雲が立ち上がりました。それを見て、スサノオは歌を詠みます。

八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を

(八重の雲がわきおこる出雲に、八重の垣根を、妻を籠らせるために、八重の垣根を作る。その八重の垣根よ)

八雲(やぐも)とは雲が数限りなく沸き起こること、八重垣(やえがき)とは幾重にも巡らせた垣根のこと

これは、日本に残る最古の和歌であり、万葉集に出てくる最初の歌です。

愛する妻を守るために、命がけで戦い、宮殿を作り、歌を詠む。高天原から追放されるまでのスサノオとはかなり変わり、強く立派な神になったのです。

スサノオが祀られる場所

スサノオを祀る神社はたくさんありますが、最も有名な神社をご紹介します。

須佐神社(島根県出雲市)

ヤマタノオロチ退治に関わる神社として有名です。出雲国風土記によると、スサノオはこの地を訪れ、この国は小さい国であるが良い処である。それで、自分の名は石木には付けない、この土地に付ける、と、言い土地に大須佐田、小須佐田を定めと言う言われがあります。

八重垣神社(島根県松江市)

仲睦まじい夫婦神を奉る縁結び安産祈願に訪れる女性が後を絶たない縁結びの神社。鏡占いの池という、クシナダヒメにまつわる縁結びの占いができる神秘的な池があります。

八坂神社(京都府京都市)

スサノオの別名牛頭天皇(ごずてんのう)の名で、この神社に祀られ、無病息災、厄払いのご利益がるといいます。

八坂神社お祭りは、かの有名な祇園祭。伝統的な美術工芸品で装飾された山鉾が町を巡る、伝統行事です。

熊野大社(島根県松江市)

縁結び、良縁成就、子授、安産のご利益があります。火の発祥の神社として「日本火出初之社」(ひのもとひでぞめのやしろ)とも呼ばれます。スサノオがこの地で火をおこしたという言い伝えがあります。

まとめ

高天原では困った存在だったスサノオが、出雲の国に降り立ち、クシナダヒメと出会ってからは英雄的な存在になったと言うのはロマンチックですね。猛将だったはずが、和歌を残すまでの存在に変わるのですから、古来より、愛の力は大きいと思われていたことがわかりますね。