日本の台風、世界の台風

スポンサーリンク

今の時期は毎日毎日、天気予報で台風情報を気にしなくてはなりませんね。農業や漁業、屋外でのお仕事をされている方にとっては、台風の影響は死活問題。

日本は世界的に見ても気象予報に力をいれている国ですが、四季があるだけじゃなく、台風が多いことも気象予報が生活に重要である理由です。

スポンサーリンク

台風とは

台風とは、熱帯低気圧のなかで北大西洋や南シナ海に発生したもので、中心付近の最大風速(10分間平均)が毎秒およそ17m以上になったものを言います。

台風は上空の風に流されて動きます。また、地球の自転の影響で北へ向かう性質があるのです。そのため、通常は東風が吹いている低緯度では台風は西へ流され、次第に北上し、高緯度に到達すると偏西風(上空の強い西風)の影響で北東へ進みだすのです。

天気予報を見ていると、台風はまるで日本に吸い寄せられるように近づき、日本の形に添うように動くように見えますが、それは上空の風に影響されたり、地球の自転に影響されるためなのです。

台風の発生と発達

台風は暖かい海面から発生する水蒸気が凝結して雲になるときに放出される熱エネルギーで発達します。

台風は熱帯の海域で発生します。太陽の強い日差しにより海水温が高くなり、海面から多量の水蒸気が大気に含まれて行きます。

太平洋高気圧に覆われた海域は安定した大気になっており、上昇気流は発生しません。しかし、太平洋高気圧から噴き出す北東貿易風と赤道越えの南東貿易風などが集まる低緯度の熱帯付近で大気が不安定になり空気が収束し集まり、強い上昇流を発生させます。

多量の水蒸気を含んだ下層の空気は上昇流にのり上級に運ばれ凝結し、積乱雲が発生します。

これらの雲の塊をクラウド・クラスターと言います。

雲の塊、クラウド・クラスターでは大量の凝固熱が上空を温め、気圧を下げます。そして熱帯低気圧が出来上がります。

熱帯低気圧に向かって周囲の高温多湿の大気が反時計回りに吹き込み上昇流となり多数の積乱雲を生成します。こうして巨大になり威力を増した熱帯低気圧台風になるのです。

北半球の風は反時計回りに吹き込む

北半球低気圧の中心の周りを反時計回りに気流が回転するのは、地球の自転により生じるコリオカという力が作用しています。地球は東向きに自転しています。そのため、低緯度(赤道付近)の地点から高緯度(北半球では北極点)の地点に向かって運動している物体には東向き、逆に高緯度の地点から低緯度の地点に向かって運動している物体には西向きの力が働きます。北半球では右向き、南半球では左向きの力が働くとも言えます。この大きなコリオカの力が、台風の回転に影響しているのです。

台風の強さ

テレビで見る台風は、「強い台風」とか「猛烈な台風」などと表現されていますが、その目安があります。

最大速度(毎秒) 階級・表現
17.2m 台風
32.7m以上 強い台風
43.7m以上 非常に強い台風
54.0m以上 猛烈な台風

台風は最大風速でランクが決められ、被害の大きさで測られているわけではありません。

台風の大きさ

台風の大きさは風速15m/s以上のエリアが半径何メートルあるかで決まります。

風速毎秒15mの半径  大きさの階級
500㎞以下  台風
800㎞以下  大型の台風
800㎞より大きい  超大型(非常に大型)の台風

「超大型でも猛烈な台風」と表現されているのは、「中心付近の最大風速毎秒54m以上、毎秒15m以上の風速範囲が半径800㎞より大きい台風」ということになります。

観測史上もっとも最低の気圧

台風の強さは、中心気圧の低さも目安となります。世界で観測史上もっとも最低の気圧を記録した台風は、日本に上陸しました。

昭和54年の台風20号。最低気圧870hPa。沖ノ島島南東付近の海上で観測され、徐々に勢力を弱めたものの、960hPaで和歌山県白浜町に上陸し、本州を横断しました。北海道に再上陸し、死者100名を超す甚大な被害を出した台風です。

各国の台風の呼び名

国際的な取り決めでは日本の台風の基準と少し違い、最大風速(1分間平均)が33m/sのものをタイフーンと呼びます。

台風の仲間である大型の熱帯低気圧は世界の様々なところで生まれます。強い(最大風速33m/s以上)勢力をもった台風が東経180度より東に進んだ場合はハリケーンと呼ばれます。これが西に進めば日本に近づくので台風になります。インド洋、南太平洋ではサイクロンと呼ばれます。

世界最大被害をもたらした台風

アメリカンのハリケーンカトリーナ」はフロリダ湾で発生し、史上最悪の被害を出したと言われているハリケーンです。

2005年8月アメリカ南東部に大きな被害をもたらしました。

最低気圧902hPa、最大風速秒速78m。死者1800名行方不明者800名を出す、大災害になりました。

まとめ

日本は台風の進路にある国なので、毎年台風のもたらす被害に気を付けながら生活しなくてはなりません。

また、近年の不安定な気象のため、長い豪雨のあとに訪れる台風が、より被害を拡大されることが懸念されます。

常に天気予報を注意し、いざという時にすぐに非難できる準備を常日頃から整えておく必要がありますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする