過熱するハロウィン!バレンタイン市場を越えた!

スポンサーリンク

この数年、ますます盛り上がりを見せる日本のハロウィン。仮装して街中を歩く若者をとても多く見かけるようになりました。経済効果も大きいと言われるハロウィン。今年も盛大に盛り上がるのでしょうか?

スポンサーリンク

ハロウィンとは

そもそも、ハロウィンってなんだか知っていますか?

ハロウィンはヨーロッパを起源とする民俗行事。キリスト教のお祭りではありません。古くからヨーロッパに移住していたケルト人のドルイド教の信仰で、キリスト教よりずっと古い宗教に由来しています。

ドルイドでは11月1日が新年と考えられていました。つまり、ハロウィンである10月31日は大晦日。そして、夏の終わりを意味し、冬の始まりを迎える日とされていました。この日に、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていたのです。この霊の中に、悪い精霊や魔女が混ざってやってくると考えられていました。そのため、仮面をかぶり、魔除けの焚火を焚いたとされています。

カボチャのランタンはアメリカ発祥

もともとヨーロッパ、とくにイングランドで伝統的にハロウィンが行われていた時には、カブをくりぬきランタンにする風習がありました。これが、アメリカ大陸に文化圏が移り、アメリカでもハロウィンが盛大に行われるようになると、アメリカの地で多く採れる「カボチャ」が代用されるようになりました。

それが世界に浸透し、今ではハロウィンといればカボチャが代名詞になるほど定着したのです。

世界のハロウィン

キリスト教が普及してから、ハロウィンはキリスト教の諸聖人の日としましたが、これは、キリスト教が異教の祭りを消し去る意味合いを持っていたのではないか?というのが有力な説。そして、ヨーロッパではキリスト教の諸聖人の日としてハロウィンのお祭りは消えることなく残りました。フランスやイタリアでは、ハロウィンの「キリスト教的な祝日」としての存在が色濃く残っています。

ところが、アメリカは違います。ビジネス大国アメリカは、ハロウィンを大々的なイベントに成長させました。商業的な効果を狙い、多くのイベントが仕掛けられ、みんなが楽しむ秋のお祭りにしたのです。そこにはすでに宗教的な意味合いではなく、仮装のお祭りという日本と同じような感覚で楽しまれています。

日本のハロウィン

さて、日本のハロウィンを楽しむ人たちは、宗教的な意味合いなど当然知らないでしょうし、すでに仮装のお祭りです。何故、日本の渋谷で、こんなにハロウィンが盛り上がるのでしょうか?それは、日本のコスプレ文化にあります。

日本には根強い「オタク文化」があります。アニメ天国です。実は、ハロウィンに限らず、日本の各所にはコスプレをお祭りに取り入れているところがいくつもあります。

現在の若者は幼いころからコスプレグッズをおもちゃとして買い与えられていた世代です。もちろん筆者が幼い頃にも、物まねする遊びはありましたが、今の若者は幼少期に「セーラームーン」「プリキュア」「ジブリ作品」「エヴァンゲリオン」などなど、無数のコスプレのおもちゃを与えられていた世代。

さらにSNSの普及により、コスプレした姿を簡単にネット上で世界的に共有できます。文字だとわからないことも、写真だと一目瞭然。インスタグラムの普及で、日本のコスプレが世界でも人気を集めているのも大きな理由です。

日本のオタク文化が世界的に人気が高まり、海外から日本のハロウィンに参加してくれる人が増えているのはとても嬉しいですね!

ハロウィンの経済効果はバレンタインを越えた

2016年のハロウィンの推計市場規模は1345億円と推察されています。これはバレンタインの経済効果1340億円をとうとう上回る結果を出したのです。

今や、クリスマスに次ぐ日本の大きな記念日!お祭り!仮装するのは少し恥ずかしい人も、ハロウィンの雰囲気を楽しんで、美味しいものを食べたり、ちょっとグッズを飾ってみてはいかがでしょうか?今年も昨年より、さらにハロウィングッズやイベントが開催されるはずです。

まとめ

数千年の歴史を経て、「コスプレ」という文化が世界を巡り巡って、日本で大ブーム。そしてコスプレの聖地のようになっている渋谷。古代ケルト人が今のハロウィンを知ったら、本当に驚くでしょうね。でも、キリスト教の台頭で存在が薄れていた宗教が、楽しい文化として受け継がれていくのは、ケルト人の神様も喜んでいるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする