2017年の十五夜は10月4日ですが満月ではありません!

スポンサーリンク

十五夜・中秋の名月とはお月見の日のことですが、実は毎年日程が変わります。そして、中秋の名月の日がからなずしも満月ではないのです。

今日は、中秋の名月の由来と、満月の日がずれてしまう理由をご紹介します。

スポンサーリンク

中秋の名月の由来

先日ご紹介した「旧暦」と「新暦」の関係上、日本がふるくから行ってきた行事は、旧暦の名残が強くのこしつつ、新暦に反映されています

中秋の名月もその一つ。旧暦(太陰太陽暦)では8月15日の夜を中秋の名月と言いました。旧暦では日付を月の満ち欠けで計算していたので月中の15日は満月だったのでしょう。

平安時代に中国から伝わったと言われる風習で、農業がひと段落し、芋が収穫され、その豊作を祝う意味もあったため「芋名月」とも言われます。現在でも地方によっては、中秋の名月に芋を飾る風習が残っているところもあります。

同じように十三夜というものもありますが、これは旧暦の9月13日。今年の十三夜は11月1日で「豆名月」「栗名月」とも言われます。

月の神秘性に祈りをささげた

昔の人たちにとって、月は信仰の対象の一つでした。「作物が月の満ち欠けと共に成長する」とか「祖先とのつながり」などを感じていたと言われます。

そのため、旧暦の秋の真ん中にあたる8月15日の美しい満月に、豊作や様々な祈りを込めてお供え物をして月を愛でたのです。

何故すすきを飾るのか?

すすきは、月の神様を招く依り代(よりしろ)としてお供えされてきました。つまり、神霊が憑依するもの。昔から依り代として樹木や岩石などいろいろな物が使われてきていますが、ご神体として、石や古い木が祀られたりしますね。

豊作を祝う行事であったことから、最初は稲穂が使われていたのではないか?もしくは稲穂に似ているからすすきが使われたのでは?という見方もあります。

また、すすきには魔除けの力があるとされ、お月見にお供えしたすすきを軒先に吊るすことで「一年間病気をしない」という言い伝えもあります。

十五夜のお団子

十五夜ではこれからの収穫を祈りながら、十三夜ではその年の収穫に感謝して、お米の粉で作ったお団子をお供えしたのが月見団子の始まりと言われます。

実は、月見団子は真ん丸にしないのが正式な作り方。十五にちなみ一寸五分(4.5㎝)の大きさの丸い団子を作ると縁起が良いとされていて、ピンポン玉のように玉の丸い団子は死者の枕元に供える「枕だんご」に通じてしまうので、ほんの少しつぶした形にするのが月見団子になります。

十五夜には15個お供えします。もしくは一年の満月の数に合わせて12個(閏年には13個)、15を省略して5個にすることも良いとされています。

15個の団子を並べるときには

一段目に9個(3×3)二段目に4個(2×2)三段目に2個を並べます。神事では正面から見て縦に二個並べます。横に二個並べるのは仏事にあたるそうです。

今年の中秋の名月は満月ではない

むしろ、満月と中秋の名月がぴったり合うことのほうが確立は低いのですが、旧暦から換算すると、今年の中秋の名月は10月4日水曜日満月になる日は10月6日です。いずれにせよ、今年はかなり大きな綺麗な月を眺めて十五夜を過ごすごすことができそうですが、あとはお天気が心配ですね。

十五夜のうさぎ

十五夜とウサギにはどのような関連性があるのでしょうか?実はインド・ジャータカ新話に由来します。

むかしむかし、あるところに、うさぎときつねと猿がいました。

ある日、疲れ果てて食べ物を乞う老人に出会いました。三匹は老人のために食べ物を集めました。

猿や山に行って木の実を、キツネは川に行って魚を取りました。しかし、うさぎは一生懸命頑張っても、何も持ってくることができませんでした。

そこで悩んだうさぎは「私をたべてください」と言って日の中に飛び込み、自分の身を老人に捧げたのです。実は、その老人は三匹の行いを試そうとした帝釈天(タイシャクテン)と言う神様で、帝釈天は、そんなうさぎを憐れみ、月の中に蘇らせて、みんなのお手本にしたのです。

なんだか、悲しいお話ですが、このインドのお話が今で月にウサギが居ると言われる由来なのです。

まとめ

大昔、電気の無い時代は、満月はとても明るく感じたと思います。日が沈んだら寝ていた時代に、夜、起きていても周りの風景や人の顔が見えるほど明るいというのはとても特別な夜だったのだろうと筆者は感じています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする