2017年の流行語大賞はどうなる!?

スポンサーリンク

毎年、ちょっと気になる「流行語大賞」ちなみに、昨年の流行語大賞は「神ってる」でしたね。広島カープで大活躍した鈴木誠也選手を称える言葉からはじまり、あらゆる場面で使われました。

皆さんの頭の中で、今年、最も頭に残っている言葉はどんな言葉でしょう?

筆者は、現在選挙の真最中なので、選挙戦で連呼されている言葉が頭に浮かんでしまいます。しかし、おそらく選挙が終わった後、筆者にとっては、一年を振り返って最も印象的だったのは「藤井四段」「ICBM」になるような気がしています。

まだまだ予測不可能な流行語大賞!今日は、流行語大賞の状況と傾向をご紹介します。

スポンサーリンク

2017年上半期の中間発表

藤井四段

今年の7月時点で、ユーキャンが発表している「2017 ユーキャン新語・流行語大賞上半期の注目語10!をご紹介します。

○インスタ映え

日常の写真をスマホなどでアップするインスタグラムが定着。インスタ映えを意識したユーザーたちの姿が街なかにチラホラ。

○うんこ漢字ドリル

今年前半の出版界を騒がせたのが、この漢字ドリルのバカ売れぶり。例文のすべてに「うんこ」が使われている!

○空前絶後の

「空前絶後の超絶孤高のピン芸人!」と、自己紹介ネタでブレイクしたのは、ハイテンション芸人の「サンシャイン池崎」。

○けものフレンズ

架空の動物園に迷い込んだ少女と擬人化された野生動物のフレンズたちの冒険『けものフレンズ』がゲーム× アニメ化のメディアミックスで大ヒット。

○35億

地球の人口は70億、その半分が男である。そんな壮大な決めゼリフで茶の間を沸かせたのが、女性芸人の「ブルゾンちえみ」。

○忖度(そんたく)

新しいことばではないし辞書にも載っていたものの、多くの人が忘れかけていた。古い日本語が、平成も終わろうとする現代の日本を席巻することになろうとは。

○ハンドスピナー

指の上で回転させるだけのいたってシンプルな玩具。昨年の終わりごろアメリカで大ヒットしたが、早くも日本でヒット商品に。

○フェイクニュース

主にネット上で拡散される、真実に見せかけたニュース。昨年のアメリカ大統領選や、イギリスのEU離脱国民投票でも、フェイクニュースが投票に影響を与えたといわれる。

○藤井フィーバー

史上最年少の中学生プロ棋士・藤井聡太四段が前人未到の連勝記録を達成。関連グッズもバカ売れし「フジイノミクス」なる新語も。

○メルカリ

スマホを使えば出品も購入も簡単で、比較的安心で手軽にできるという「フリマアプリ」。そのなかでも若者や女性を中心にユーザー拡大したのが「メルカリ」。

sansp.comより引用

確かに、ブルゾンちえみはインパクトがありますね!けものフレンズのキュンキュンする可愛さも、様々なコラボが発生したので、アニメに興味が無くても目にしたことがある人も多いはず。

サンシャイン池崎については、筆者は全く興味が無いのですが・・・調べてみたら、なんとも素晴らしいご両親!

頑張って欲しい気持ちも込めて(流行らないであろうが)サンシャイン池崎超公式Twitterからの発信をご紹介します。(昨日アップされているので、もしかしたら、忘年会あたりで流行る可能性もあります)

また、サンシャイン池崎さんの実家衝撃レベルのプレハブであること、そのご両親のすばらしさについてもご紹介しておきます。

しらべぇ サンシャイン池崎の実家が衝撃映像レベル 「トイレない」にスタジオ絶句

https://sirabee.com/2017/06/16/20161169782/

それぞれ、ノミネートされたものを見ていくと、流行になるのもわかる!面白い!気になる!というものばかりなので、きりが無いので深堀やめておきます。

2017年後半のノミネートは政界ワードが独占か?

大義無き解散」などと言われつつ、何故か大変盛り上がりだした衆議院選挙!「モリカケ問題隠蔽」の解散なのか?国際情勢を見越しての選挙だったのか?憲法9条なのか?と、疑問視され自民党の支持率も低い中で思い切った解散でしたね。

ところが、解散後の党首討論が始まってから、自民党の支持率がどんどん高くなってきています。その理由が「印象操作」です。

上半期のノミネートに入っている「忖度(そんたく)」は森友学園問題で籠池理事長が発したことばで、「他人の心を推し量る」という意味です。

忖度と言い放った、森友学園問題から始まった、国会内での安倍総理批判が、選挙解散の一つの要因になったかもしれませんが、解散後は「印象操作」がネット上でイチ押し状態

ちなみに印象操作「マスコミが国民に対して、報道により印象操作をしている」という批判から出てきた言葉です。マスコミの印象操作を感じている国民が、ネットで怒りの声を上げ、「印象操作」というフレーズが自民党の支持率を上げ、さらに流行語大賞の可能性が出てきました。

忖度、印象操作が流行語大賞に選ばれたら・・・・

ここで、ちょっと話題になっているのが、もし、忖度印象操作流行語大賞をとった時に、誰が授賞式に出席するのだ?というネットの声があります。

昨年の「神ってる」では授賞式に鈴木選手が招かれ表彰されています。

その流れで考えると、「忖度」「印象操作」の場合、安倍総理が表彰に招かれる可能性があります。いやぁ、もし、そのようなことになった場合・・・安倍総理(このまま選挙で勝てば総理ですが)は、表彰を受け、何とコメントするのでしょうね?

筆者は「ユリノミクス」という、キラキラネームが選挙戦で希望の党の公約に記載され、小池党首自ら「僭越ながら、ユリノミクスと名付けさせていただきました」と党首討論でお話されていたのが、とても印象的です。(印象操作にならないように記載しますが・・・)

アベノミクスもフジイノミクスも、それぞれご自分で造語したわけでは無く、自然発生的に生まれたものが定着したもの。

自らユリノミクスと名付けられた小池党首のずば抜けた度胸に驚愕しました!

まとめ

流行語大賞は、数年前までは芸能ネタから出た言葉がノミネートされてきましたし、大賞を受賞することが多かったのですが、昨年はスポーツ今年は政界からのノミネートが増えそうです。

是非、自分も流行語大賞の選出に参加したい!と、思われる方は、是非はがきで応募してみましょう。以下、概要を紹介しておきます。

2017ユーキャン新語・流行語大賞「読者賞」選出イベント

「ことばの選挙」概要

○11月中旬発表「候補語」30の中から書店店頭配布のハガキ投票によりベスト3語を選出・発表します。

○応募期間: 2017年11月9日~24日(当日消印有効)

○応募者の中から70名様に図書カードをプレゼント!

○主催: 自由国民社/現代用語の基礎知識

sansp.comより引用

衆議院選挙も投票に行くと、より身近に政治を感じられるようになると思いますが、流行語大賞も参加してみることで、さらに楽しい師走を迎えることができると思います。