梅雨時の強力な味方!無水エタノールでカビを根絶!?

スポンサーリンク

梅雨の時期はカビはとても気になります。しかし、冬も結露などでカビが増殖しますし、家の中でも湿気の多いところは常にカビが気になります。カビ対策には一年中悩まされているといっても過言では無いですね。

カビにはアルコール消毒が効果的」と聞いたことがありますか?アルコールには様々な種類がありますが、消毒に適しているアルコールは「エタノール」を指しています。家庭や医療で消毒に使用されているアルコールはほぼエタノールをさしています。

カビに有効で人体にほぼ無害なエタノールは、湿気の多い日本ではとても頼もしい存在!便利なエタノールの使用方法とエタノールを使ったカビ対策、掃除方法をご紹介します。

スポンサーリンク

家庭に常備すると便利「無水エタノール」

エタノールは、水にも油にも溶けやすい揮発性の液体

99.5%と純度の高いエタノール液を無水エタノールと言い、ドラッグストアやホームセンターで、誰でも簡単に購入できます。掃除や除菌に使えるので、家庭に常備しておくと便利です。用途によって希釈度が変わることを知っておきましょう。

無水エタノールは、汚れに効果的!水分がほとんど含まれていない、電気を通さない不導体なので電子機器の掃除に利用できとても便利です。ゴム製品ガラス製品のべたつきや曇りある汚れにも無水エタノールを使えばピカピカ

エタノールは油性の汚れに効果抜群!油性ペンの汚れにも無水エタノールを使うとかなりきれいに落とすことができてしまいます。エタノールの掃除で一番驚くのがコンロ周り油汚れをきれいに落としてくれるところ。油でギトギトになったコンロや電子レンジもエタノールが油を浮き上がらせて、美しい仕上がりになります。

更に、精製水(または水道水)で希釈して消毒薬として使用できます。70~80%程度に水で希釈したものが一番消毒薬として有効と言われています。

無水エタノールよりも水が多く含まれている70~80%に希釈されたエタノールの方が消毒に優れているのは、ある程度の水が含まれている状態の方がアルコールが菌に作用しやすくなるためです。

エタノールが除菌、消臭に優れているメカニズムは、

1、細胞膜の脂質を溶かし出し、菌の細胞を破壊。
2、タンパク質の変性。菌のタンパク質の構造を変化させて機能を失わせる。
3、脱水作用。エタノールは非常に揮発性の高い液体なので細胞内部に入るとすぐに揮発して蒸発します。この時、細胞内部の他の液体もろとも蒸発するので細胞内部を乾燥させてダメージを与えるのです。

このメカニズムが殺菌や消臭に優れている原因なのです。

カビ掃除と防止のための無水エタノール使用方法

カビ掃除には消毒用エタノール程度に希釈したものを使用するのが効果的。無水エタノールをスプレーボトルに70~80%の濃度になるように希釈して移し替え、カビが気になるところに吹きかけて磨きます。

黒カビを真っ白にするのはなかなか難しいので、エタノールで洗浄、消毒後、黒い汚れが残った個所を漂白剤で掃除してください。

水回りの赤カビはエタノールで色も落ち、再発をかなり予防してくれます。エタノールを吹きかけて少し置いてから、ブラシでこするか、雑巾でこする方法できれいに除去できます。
カビが原因による嫌な臭いも、消毒用エタノールを噴霧することで消臭することができます。

夏場のカビでとても気になるのは、エアコンまな板などの調理器具お風呂場洗濯物。まな板や調理器具、洗濯ものも洗浄後にエタノール消毒液を吹きかけるだけでかなりカビの繁殖を抑えられます。

エアコンのカビは体に悪いので、エタノールでしっかり除菌しつつ掃除することできれいな空気を保つことができますね。

無水エタノールを使用する際の注意点!

エタノールは人体への悪影響は少ないものの、換気せずに使用すると、気分が悪くなります。大量にエタノールを使う時は換気に配慮しましょう。

また、濃度の高いエタノールは手荒れの原因になる場合があります。手荒れの心配がある方はゴム手袋を使いましょう。

エタノールは引火性のある液体です。無水エタノールのような純度の高いものは引火点が低いので周囲での火器の使用は注意する必要があります。

また、プラスチック製品エタノールと化学反応を起こし変質する場合があります。ポリエチレンの一部アクリル樹脂ABS樹脂AS樹脂などのプラスチック製品はエタノールを使うことができません。製品の注意表記を確認するか、目立たないところで一度使用して確認してから掃除しましょう。

まとめ

夏のカビ対策エタノールが便利であることがお分かりいただけたでしょうか?

無水エタノールは、家庭に一本あれば様々な物に使用することができるので、是非常備しておくことをお勧めします。

今は、たくさんの除菌スプレーや消臭スプレーが販売されていますが、用途別に買い替えることなく、自作の除菌消臭スプレー1本掃除から除菌消臭ができるのです。夏のカビ対策にも活用できることを知っておけば、掃除用洗剤も減り、さらにはコスパも良い!この夏はお掃除が楽しくなるかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする