洗濯してもタオルやジーンズが臭う!モラクセラ菌の対応策

スポンサーリンク

厚手のタオルジーンズは、しっかり洗濯したつもりなのに、干した後でも臭うことがありませんか?せっかく洗濯して、天気の良い日にしっかり干したはずなのに、嫌な臭いが漂うとがっかりしますよね。

人間は臭いが脳に直接反応するので、悪臭を嗅ぐととてもストレスを感じます。

数年前に大手洗剤メーカーの研究で、悪臭の中でも「雑巾臭」の原因になる菌が発見されました。その微生物の名前を「モラクセラ菌」と言います。とても頑固で強い微生物。

洗濯後の衣類やタオルの中に僅かに残っていると、増殖できる条件が整ったときに猛威を振るい、悪臭を漂わせます。モラクセラ菌は洗濯物だけでなく、あらゆるところに存在しているので、完全に消し去ることはできません。つまり、繁殖させないように気を付けることが重要です。

スポンサーリンク

モラクセラ菌と雑巾臭の関連性を知ろう!

モラクセラ菌を筆頭に、様々な悪臭を放つ微生物やカビは、洗濯物に付着しているたんぱく質栄養にしているのです。

モラクセラ菌がたんぱく質を栄養にして繁殖すると、雑巾臭の原因である4-メチル-3-ヘキセン酸(4M3H)が発生します。

解りやすい例を挙げてみましょう。牛乳を拭いた雑巾。誰もが小学生の頃、給食の牛乳をこぼした時雑巾で拭き石鹸と水で雑巾を洗ったことがあると思います。でも、雑巾は洗っても雑巾臭を放ちますよね?この匂いがモラクセラ菌により発生した4M3Hだと考えると良いでしょう。

しっかり洗い乾かしても、何故か臭う雑巾臭。それは微量に残ったモラクセラ菌雑巾に付着した牛乳のたんぱく質を栄養にして繁殖してしまうからなのです。

たんぱく質の汚れは菌の温床

たんぱく質の汚れはとても洗濯が難しく、完全に洗浄するにはかなり手間がかかります。目に見えやすいたんぱく質汚れの一例はワイシャツです。ワイシャツの襟や袖口の黒ずんだ汚れが落ちにくいのは、皮脂が付着するから。皮脂もたんぱく質です。

脱ぎ捨てたワイシャツをそのまま洗濯機で洗ってアイロンをかけると、襟の黒ずんだ汚れは取れにくくなります。これはタンパク質汚れが残りそれを加熱したことによりさらに繊維の奥深くでたんぱく質が結合してしまうと考えていください。

ワイシャツの汚れは黒ずんで残りますが、悪臭に悩まされることは少ないはずです。要因は二つ考えられます。先ずはワイシャツが乾きやすいこと。もう一つは、最後に加熱(アイロンがけ)されること。

たんぱく質の汚れは落ちにくいので、厚手のタオルもジーンズ普通の洗濯では落としきれません。さらに、タオルもジーンズも「干す」作業で洗濯が終了します。

つまり、モラクセラ菌の大好きなたんぱく質汚れを残したまま、洗濯が終わるので、湿度が高く気温が上昇するとモラクセラ菌が活動して4M3Hを増やし、雑巾臭のような悪臭を漂わせるのです。

雑巾臭から逃れるには、洗濯物のたんぱく質をできるだけ落としきるか、モラクセラ菌を死滅させるか、どちらかの方法をとらなくてはなりません。

簡単にできるモラクセラ菌対策を考えよう!

洗濯物の悪臭を抑える対応策はたくさんありますが、毎日の洗濯にあまり手間をかけるのは疲れてしまうので、最も簡単な「対策」をご紹介します。

厚手のタオルは薄いものに替える

当然のことをあえて記載しましたが、これは筆者の体験からお伝えしたいことです。

家庭のタオルは頂き物が多く、贈答品のタオルは質が良すぎて厚手。肌に触れて満足度は高いのですが、毎日の洗濯には不向きなのです。毎日の洗濯を楽にしたい人は、価格も安くてすぐに乾き、洗濯機での洗浄で汚れが落ちやすい「薄手のタオル」を使いましょう。

厚手のタオルやジーンズは少量ですぐに洗濯

厚手のタオルやジーンズは、洗濯かごの中に数日置いておくだけで、かなり菌が繁殖してしまいます。増殖したモラクセラ菌を全滅させるのは困難です。

タオルは直接身体を拭いているのでたんぱく質で汚れているイメージを持てると思いますが、ジーンズがたんぱく質で汚れている印象はなかなかもてないかもしれませんね。

良く考えてみてください。ジーンズのウェスト周り直接肌に触れていませんか?ここにたくさんたんぱく質が付着しているのです。

ジーンズが臭いう場合は、洗濯を数日伸ばしてしまったとき、そして、家族の中でもし下着を着けずにジーンズが直接肌に触れる履き方をている人のジーンズが臭うことが多いはずです。

ジーンズは厚手であるうえに固い素材で汗を吸い、皮脂をこすっています。「ジーンズのウェスト周りはとても汚れているのだ!」と意識すると、洗濯の順番が変わりますよね。そして、少量で洗うことでしっかり洗濯することができます。数日ため込み、まとめて洗濯することを避けましょう。

たんぱく質汚れを石鹸で手洗いする

ジーンズのウェスト周りだけ石鹸で洗う手間をかける方法もあります。たんぱく質アルカリで分解されるので、ジーンズのウェストだけは石鹸で手洗いするとかなり悪臭を抑えられます。

湿度が高い時期洗濯物が大量に増えてしまう時期などは、石鹸を使ったひと手間臭いを回避するのも良いでしょう。ワイシャツを洗濯する人は良くわかりますが、石鹸でたんぱく質を手洗いして落とすのは、とても有効な手段です。

まとめ

雑巾臭はみんな大嫌い!その原因はモラクセラ菌が発する4M3Hという物質であることがお分かりいただけましたか?

洗濯物の悪臭を抑えるために、洗濯機をこまめに洗浄したり、洗剤を多く取り揃えたり、菌を抑制するために除菌スプレーを使う方法もありますが、先ずは日常生活の中で手間を最小限に抑えて工夫することで、悪臭対策してみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする