6月16日は和菓子の日 和菓子の歴史はとても古い!

スポンサーリンク

今日は和菓子の日です。
和菓子と言ってもとても幅広く、年齢や地域によってイメージするものが変わるかもしれませんね。
筆者は和菓子と言うと綺麗な「練り切り」をイメージします。また、夏なので「水ようかん」も頭に浮かびます。

ちなみに、最近はコンビニが和菓子に力をいれているので、若い人たちも和菓子を好むようになってきました。

あるアンケートによると「和菓子と言って思い出されるのは」という回答に1位が圧倒的な数字で「大福」と回答されているようです。二位が串団子三位は羊羹です。
確かに、コンビニのレジ横には大福や串団子が売られています。

またこれらの和菓子は地域により独自性のあるレシピで名物として売られているものですね。

スポンサーリンク

和菓子の歴史は日本の歴史

6月16日が和菓子の日とされたのは、とても古い歴史に由来します。その歴史をご紹介します。

和菓子の日はめでたい儀式が始まり

西暦48年(承和15年・嘉祥元年)の夏、仁明天皇が御神託(神のお告げ)に基づいて、6月16日に「16」の数にちなんだ菓子、餅などを神前に供え、疫病を除け健康招福を祈誓し、「嘉祥(かしょう)」と改元したという古例にちなみます。

続日本紀に同年の6月13日に豊後の寒川(今の大分川)で白亀が捕獲され天皇に献上されたことが大瑞(だいずい・とてもめでたい兆し)とされ改元された記録が残っています。

白い亀が捕獲されてめでたいと思った仁明天皇が大喜びし、当時とても高級品であったお菓子をお供えして祝った様子が、なんとなく伝わりますね。

めでたい「嘉祥の祝」は日本の歴史とともに続く

嘉祥の祝」はその後、とても長く続きます。
鎌倉時代には、のちの後嵯峨天皇が東宮となられる前のめでたい出来事が起こりお祝いの菓子を供えた記録が残っています。
室町時代には、朝廷で主上に「かづう」(女房言葉「嘉祥の祝」の菓子のこと)を差し上げるのが吉例であったことが「御湯殿上日記」に記載されています。
豊臣秀吉も「嘉祥の祝」を恒例として行っていたことが『武徳編年集成・四十四』に記載されています。秀吉のお祝いはさぞ豪華絢爛な儀式だったでしょうね。
江戸幕府でも、6月16日に、大名、旗本など御目見得以上の諸士に大広間で菓子を賜り、これを「嘉祥頂戴」と言い、菓子は白木の片木の上に青杉の葉を敷いてその上に積んであり、一人一個ずつ取らせたことが伝えられています。徳川家も豊臣にならい、家臣に菓子をとらせたことがわかりますし、豊臣らしい厳格な様が伝わってきますね。

庶民の間でも6月16日は特別な日

庶民の間では、「嘉祥喰」といって十六文で菓子や餅十六個を求め食べるしきたりがありました。本当は嘉定通宝で買わなければならないのですが、嘉定通宝があまり世間に多くなかったことから、米一升六合で菓子や餅を買い求めることも認められていました。

また6月16日の夜に十六歳の袖止め(振り袖をやめて詰め袖にする)をする「嘉祥縫」という風習があったほか、6月16日に採った梅の実で作られた梅干しを旅立ちの日に食べると災難を逃れるという言い伝えがあり、「嘉祥の梅」といいました。

太古の時代から「嘉祥の祝」は、病気を逃れ、健康招福を願うおめでたい行事として歴史の中で受け継がれ、明治時代までは盛んに行われました。

この「嘉祥の日」を全国和菓子協会が1979年(昭和54年)に現代に復活させたのが「和菓子の日」です。

和菓子の起源

古代の日本人は主食を稲、粟、稗とし、狩猟や漁労でタンパク質になる肉や魚、貝類を食べていました。

その他にも空腹を感じると野生の木の実や果物をとって食べていたと考えられています。これが間食としての菓子の起源だと考えられます。(現代においても果物は「水菓子」と呼ばれています)。

初めは生のまま食べていた木の実や果物を、保存のため乾燥させたり、灰汁を抜いた木の実の粉で粥状のものを作ったり、あるいは丸めて団子状したりするようになりました。今の団子や餅の原型となるものが作られるようになっていったようです。


古事記』『日本書紀』にさらにはっきりとしたお菓子の起源が記されています。
垂仁天皇の命で田道間守(たじまもり)が不老不死の理想郷を訪れ、10年の探索の末に非時具香菓(ときじくのかくのみ、橘の実とされる)を海外から持ち帰ったと記されており、これによって果子(果物)は菓子の最初と決められ、田道間守はお菓子の神様となりました。

この橘の実は改良されて今ではみかんとして日本人の代表的な果物になっています。

まとめ

6月16日は西暦48年から大切な祭事として存在した和菓子の日。当時貴重だった、果物や木の実を用いてつくられたお菓子を神様にお供えする祭事の日だったのです。

苦労して橘を持ち帰った田道間守はお菓子の神様として祭られ、その後、日本のお菓子の文化仏教の伝来とともに大きく変化していきますが、それは次回ご紹介します。

今日は、大福や串団子、水ようかんを食べながら古い日本の伝統に思いをめぐらせると良いと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする