足がつる原因と睡眠の質が関係している?カリウム不足だけが原因じゃない

スポンサーリンク

足がつると痛いですよね。

普段はなんとも感じないのに、

夜寝ている時に頻繁に足がつってしまう、

という事はありませんか?

足がつると、

嫌でも目が冷めてしまい、

寝不足に陥ってしまう事も。

夜、足がつってしまう原因について

お話しましょう。

また、足がつらないように

改善すべき習慣もご紹介していきます。

スポンサーリンク

睡眠と足がつるのは深い関係がある?

足がつるとは、

ご自身の意志とは関係なく

ふくらはぎの筋肉が収縮したり、

痙攣を起こしたりすることを指します。

足がつる原因は、普段日常的に

運動をしている、していないに関わらず

起こります。

まず足のつりは、

筋肉の疲れが原因という可能性があります。

筋肉を酷使していると疲労から

乳酸という疲労物質を多くだします。

正常な状態であれば、

筋肉が収縮するタイミングは脳に伝わり、

正常機能します。

ですが乳酸が多いと、伝達機能を狂わせます。

そして、伝達がこないと感じた脳は

異常と判断し、

筋肉を勝手に収縮させてしまうのです。

身体が十分に休めていないと、

就寝中でも足がつってしまいます。

また脱水症状により、

体内のカルシウムや

ナトリウム、カリウムなど、

ミネラルバランスが崩れている事が原因

の場合もあります。

汗をかいたり、

水分が不足していたりすると、

身体のミネラルが増えすぎて、

バランスが崩れるのです。

筋肉を動かすために

司令を出す運動神経に

不具合が生じています。

また、発汗や冷えによる

血液の流れの低下です。

睡眠中は、

血行不良になりやすいため、

足がつりやすくなります。

夏場冷房をかけ過ぎたり、

布団をかけずに寝ていたりすると、

筋肉が冷えてしまい、足がつるのです。

足がつるのはこんな習慣だけでも改善できる

体内のミネラルバランスが

崩れてしまった場合は、

食生活を見直しましょう。

ミネラルは人間が健康な身体を

維持するためには必要不可欠です。

例えばナトリウムは、

体内の水分量を調節しています。

カルシウムは骨を作り、

カリウムはむくみ解消効果などがあります。

水分を十分に摂取しましょう。

また、不足しがちになる

マグネシウムやカリウム、カルシウムは、

  • 海藻
  • ナッツ
  • 大豆
  • 果物
  • 緑黄色野菜
  • 乳製品

などから積極的に

身体に取り入れてください。

血流の低下による足のつりには、

寝る前にふくらはぎをストレッチすれば、

改善が見込めるでしょう。

筋肉に疲労がたまらないよう、

毎日短時間でも良いので、

足の筋肉を伸ばしてあげてくださいね。

お風呂でツボ押しやマッサージをすると、

ストレッチ同様、足の血行が良くなり

疲労回復に繋がります。

膝の外側の骨が出っ張ったところの

直ぐ下にある陽陵泉。

そしてヒザ下にある太い骨の外側で

膝下5cmにある足の三里というツボを押せば、

効果があるでしょう。

また冷えを防止するために、

季節は関係なく、

靴下を履いて寝ること

おすすめします。

就寝時に膝の下に、クッションや枕、

タオルなどをひいておくと

足がつっぱりにくくなり、

足のつりを予防できますので、

あわせてお試しください。

漢方薬に頼るという方法もあります。

芍薬甘草湯という

足のつりを防ぐ効果があると

言われている漢方薬。

これを就寝前に飲めば、

頻繁に足がつって辛い方は、

症状を改善できる可能性があります。

ただし、

むくみや血圧上昇などの副作用

の可能性もあります。

必ず、かかりつけ医師や薬剤師などに

相談しましょう。

まとめ

足がつってしまう原因は、

筋肉疲労、脱水症状、

そして血行不良が主な原因です。

これらの原因となる生活習慣を

一つずつ改善してください。

夜中に足がつって

目が覚めてしまうということも

減っていくでしょう。

手軽に実行できる

食事の見直しから始めては

いかかでしょうか。

また、スポーツ飲料を摂取することも、

すぐにできますので試してみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする