短冊に願い事 七夕の由来が深すぎる!

スポンサーリンク

今日は七夕ですね。7月7日の夜願い事をしるした短冊飾りを笹の葉に吊るし、星に願い事をします。

さて、この風習はどうして出来上がったのでしょう?今日は七夕の由来と本当の意味について調べてみようと思います。

スポンサーリンク

七夕の歴史と由来

七夕は「たなばた」または「しちせき」とも読み、大変古くから行われている日本のお祭り行事で、一年間の重要な節句をあらわす五節句(人日(1月7日)、上巳(3月3日)、端午(5月5日)、七夕(7月7日)、重陽(9月9日))のひとつです。七夕の起源には数多く説がありますが、

①もともと日本の神事であった「棚機(たなばた)」

②おりひめとひこぼしの伝説

③奈良時代に中国から伝来した「乞巧奠(きこうでん)」

という三つの要素があわさったものと言われています。

日本の神事「棚機(たなばた)」とは

棚機(たなばた)とは古い日本の禊ぎ(みそぎ)行事で、乙女が着物を織って棚にそなえ、神さまを迎えて秋の豊作を祈ったり、人々の穢れを祓うものとして行われてきました。

選ばれた乙女を棚機女(たなばたつめ)と呼び、棚機女は川などの清い水辺にある機屋(はたや)に籠り、神さまのために心をこめて着物を織ります。そのときに使われたのが棚機(たなばた)という織り機です。

やがて仏教が伝わると、この行事はお盆を迎える準備として7月7日の夜に行われるようになりました。現在七夕という二文字で「たなばた」と当て字で読んでいるのも、棚機からきていると言われています。

棚機津女(たなばたつめ)の歴史はかなり古い

棚機津女は、村の災厄を除いてもらうために、棚(借家の意味で織物をする時だけ神聖な場となる)にこもって、天から降りてく神の一夜妻になり、神の子を身ごもり彼女自身も神になると言うお話とのこと。

棚機津女は、日本古来の水場で客神(まろうど)を迎える女性を指している言葉で、盆に入る前、祖霊や客神(まろうど)を迎えるため水場で機を織りつつ待つ女性が、神格化したもので、日本では古くから存在していたらしいです。

棚機津女は、単に織物を織るだけの女性ではなく、遠くからの客人をお迎えする為に選ばれた、穢れを知らない乙女を意味していたと考えられるのです。

さらに掘り下げると、縄文時代、まだ神様の概念があいまいだった時に客神(まろうど)は他の地域から苦労を重ねて訪れた客人(まろうと・きゃくじん)を意味し、多くの情報や文化を運んできてくれる人を意味しました。

そんな大切な客神が訪れた時に、棚機津女がおもてなしに使われたのだと考えられています。

棚機津女に関して、「古事記」や「日本書紀」などの文献に記載が残っています。

つまり、棚機津女はお客様におもてなしとして捧げられた、穢れ無き乙女であり、お客様は水辺の借家で棚機津女にもてなされていた。と、言うことですね。

古代の若き女性の苦労を垣間見るような話なのです。

五節句は中国から伝わったもの

五節句は中国の唐の時代に定められた暦法で定められた季節の変わり目のことです。奈良時代には日本で五節句の中の端午の節句(5月5日)が行われていた記録があります。

七夕のように、日本の太古から伝わる神事に中国から伝わった五節句があてはめられ、宮中行事や神事とされました。そして、江戸時代には節句は幕府が公的な行事や祝日として定めて定着します。

日本の中で重視され続けてきた節句は明治まで続きました。

中国から伝来した乞巧奠(きこうでん)

乞巧奠(きこうでん・きっこうでん)」という言葉は、中国から星伝説と一緒に伝わった習慣で、初めて日本で行われたのは奈良時代です。「乞巧(きっこう)」は巧みを乞う、「奠(でん)」には祀(まつ)る(神をあがめる)という意味があり、奈良時代の孝謙天皇という女性の天皇が技巧や芸能の上達を願って「乞巧奠」を行ったと言われています。

この習慣は宮中に広まり、糸や針の仕事を司るとされていた「織女星(織姫星)」が輝く「七夕」の夜に、宮中の女性達が御供え物をして、機織やお裁縫が上手くなる事を祈る女性の祭りとなりました。

しかし、それから暫くして「星伝説」の主役になった二人に因んで、男女の良縁を祈る意味も加わりました。そうして「乞巧奠」が「祭り」に変化して定着すると、平安時代には宴や相撲大会が開催され、室町時代になると「織女祭り」という名で宮中行事の一つになりました。

江戸時代頃になると、本来の「乞巧奠」の作法や行事は省略されて、御供え物や願い事の習慣は庶民の間にも広く浸透して現在まで残っているのです。

おりひめとひこぼしの伝説

世界中に類似した伝説があり、とても興味深いのですが今日はさらっとご紹介します。前述したように、奈良時代に日本は星伝説が中国から伝わっています。

しかし、日本の御伽草子天稚彦物語という、やはり7月7日にのみ会うことが許された女性と蛇の化身の話があります。

また、ギリシャフィンランドにもとても似たお話が残っています。

七夕まつりが今の形になったのは江戸時代

七夕は奈良時代に原型となる宮中行事が行われてきましたが、長く庶民の間に広まることはありませんでした。

江戸時代に民間行事として広まります。江戸時代に梶の木(クワ科)の葉和歌を書く風習がありました。その風習が徐々に歌の上達を願うものに変化していきました。ちょうどその頃、江戸幕府が七夕を五節句と定め民間行事となったので、当時の庶民の間で広まっていた習字の上達を願うことが一般的になり、笹の葉に願いを書いた短冊を飾るようになったようです。

まとめ

日本の太古の時代に、神様のように扱われた客人をもてなすために選ばれた乙女が、時を経て神格化し、そこに、中国から伝わった五節句が重なったものが七夕の原型

そして、江戸時代に庶民文化が一気に興隆した時に、江戸時代に庶民の生活に定着していた、書道や歌詠みの上達を願って七夕が変化し、広まったとは・・・現代のクリスマスやバレンタインデー、最近はやりのハロウィンが盛り上がっていくのと同じように、江戸文化を形成していったのかなぁ?と、感じ入ります。

平和が長く続き、庶民文化が興隆するときに、素敵な行事が庶民の中に定着するものですね。

一年に一度、自分の願いを紙に記すのはとても良いことですよね。願いが叶うかどうかは別として、筆者も自分の願いを振り返るよい機会にしようと思います。

何より、平和な時間がいつまでも続き、私たち庶民の中にさらにお祭りが増えるような未来があることを祈るばかりです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする