耳に入った水を放置していたら危険かも!?正しい抜き方や対処法

スポンサーリンク

こどもはプールや、

お風呂で遊んだりして

よく耳に水が入ってしまうことは

ありますよね。

耳の違和感があるのか、

こどもはイヤイヤするし。

どうにか水を抜いて

あげようとしてあげても嫌がるし。

どうしようってことないですか?

耳に水が入ったまま、

ほおっておくのも心配ですね。

どのようにして、

耳の水を抜くことができるか?

方法と注意したいことについて

お伝えしますね。

スポンサーリンク

耳に入った水はほっとくと危険!?

耳に水が入ったら、

急いで対処してあげなきゃ、

と慌ててしまいそうですが、

実は急ぐ必要はありません。

だいたいの場合は、

耳に入った水はほおっておいて

大丈夫なんですよ。

自然と蒸発して

水は無くなるのがほとんどです。

すぐに無くならなくても

大丈夫です。

2日から3日も経てば

乾きますよ。

ただ、注意しなければ

いけない場合があります。

なんらかの理由で、

鼓膜に穴が開いていたり、

耳の中が傷ついてしまっている。

そんなときには、

耳に水が入ることによって、

中耳炎になってしまうことがあります。

また、汚い水が入ってしまうと

耳の炎症が起こる場合もあります。

小さなお子さんに

耳の異常があるかどうか

確認するのは難しいですよね。

でも、もし泣き止まないことがあったり、

しきりに耳を気にすることがあったら、

その可能性を疑う必要もありますね。

そんなときには、

無理に水を抜こうとせずに

耳鼻科に行って先生に

診ていただきましょう。

さて、次に正しい耳の水の

抜き方についてお話しますね。

耳抜きの正しい方法とは?間違えると大変な事にも…!?

2つの耳から水を抜く方法を

お伝えします。

  1. 片足でけんけんする

プールに入った時にやっていた、

という方もいらっしゃいますよね。

お馴染みの方法です。

水を抜きたい耳の方に

頭を少し下に傾けてください。

そして同じ側の片足で

けんけんと飛びます。

  1. 耳をドライヤーで温め、乾かす

これは使い方によっては

やけどの原因になってしまうので、

大人の方がしてあげてくださいね。

こどもの耳に自分の手を当て、

ドライヤーの熱に注意しながら

温風で耳を温めましょう。

水が入った耳を下に傾けて、

乾かすと、早めに水が抜けますよ。

方法をお伝えしましたけれど、

綿棒やティッシュでこよりを作って、

それでぐいぐいと耳の中をほじくる、

という方法は絶対にしないでくださいね。

よく、そのようにしてしまう方が

いらっしゃいます。

ですが耳の中を傷つけてしまう危険

もあります。

また水は、

綿棒などが届く深さよりも

もっと奥に入ってしまっている事が多く、

全く効果がありません。

かえって危険で逆効果になりますので、

ご注意くださいね。

どうしても耳に水が入るのが嫌だなあ、

というときには、

プール専用の耳栓をするのも手ですよね。

また、耳掃除は頻繁にされていますか?

小さなお子さんは耳かきを嫌がって、

耳掃除が難しいよ、

という方もいらっしゃいますよね。

実は耳掃除は、

頻繁にする必要はないんです。

適度な耳垢があることで、

それが水が耳に入りにくく

してくれているんですよ。

耳掃除はプールの後や、

お風呂から上がってから

してあげてもいいですね。

まとめ

ここまで、耳に水が入ったときの

正しい抜き方の方法と、

注意したい誤った抜き方について

お伝えしました。

お子さんが、耳の水を

抜くときには大人が一緒に

どうやって抜けばいいのか

動作をしてあげてください。

そしてお子さんがそれを見て

真似するようにしてあげたほうが

わかりやすいですね。

急に想像もしていないことを

やっちゃうのもこどもで、

お母さんは毎日、

くたくたかもしれません。

プチ知識があれば、

慌てずに対処することもできますよね。

楽しいプールの時間や

お風呂時間になりますように。

お母さんファイトです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする