再婚の友人から結婚式に呼ばれた時の注意点!少な過ぎる御祝儀だと…!?

スポンサーリンク

再婚した友人に結婚式に招待されて、

気持ちは嬉しいんだけれど…

でもご祝儀の金額って、

とっても迷いませんか?

前の結婚式にも呼ばれていて

2度目となると、やっぱり内心、

「またご祝儀渡さないといけないのか」

と感じられる方もいらっしゃるでしょう。

自分が独身なら、

なおさら2回のご祝儀は

ツライですよね。

しかも、2度目のご祝儀も

前回とおんなじぐらいの金額を

つつまなきゃいけないのか?

金額減らしちゃダメなの?

とモヤモヤされる方も

いらっしゃるでしょう。

再婚でも、ご祝儀には

マナーがあるんですよ。

困っちゃった方へ、

正しいご祝儀マナーを

お伝えしますね。

スポンサーリンク

再婚だからと言って渡さないのはNG!?正しい御祝儀マナーとは?

はじめに、再婚でも、

ご祝儀は渡すのが好ましいでしょう。

場合によっては、

招待する側が遠慮をしてあらかじめ、

「お祝いはお断りします」

と表明している場合や

会費制にしているときもあります。

その際は、遠慮したり、

無理にご祝儀を渡そうとせずに

手ぶらで出席しましょう。

お祝いだからと言って

お祝いを渡してしまっては

相手側の負担にもなります。

もし、どうしてもという場合には、

相手が気にしない程度のささやかなプレゼント

を用意しましょう。

こういった場合を除いて、

再婚も初婚も

結婚式はお祝いの場です。

再婚だからと言って

ご祝儀を渡さないのはNGです。

結婚式を行う招待側も再婚であっても、

式や披露宴には、

費用がそれなりにかかっています。

ご祝儀にはお祝いの意味もあれば、

招待された側が、

「もてなされる費用を出しますよ」

という意味合いもあるんですね。

ですので、再婚の場合も

一般的なご祝儀の金額をつつむのがマナー

です。

友人であれば、

2万円から3万円が相場です。

2万円は社会人1、2年目の方や

学生の方が招待された場合ですから、

多くの場合は3万円が望ましいでしょう。

金額を初婚の時よりも

再婚の時に減らしてもいいのでは?

と考える方もいらっしゃるでしょうが、

それは今後の付き合いにも影響してきますから、

少なすぎるご祝儀は避けましょう。

そうは言っても大金はツラい…でも御祝儀を商品券や品物で渡すのは…?

でも、急な出費は辛いし、

ご祝儀を商品券や品物で渡すことはできないの?

という方もいらっしゃいますよね。

結論からお伝えしますと、

NGではないけれど、

人によっては誤解を招く恐れもあるので

避けたほうがいいでしょう。

商品券はお祝いの場で贈られる場合も多く、

商品券を贈ること自体に間違いはありません。

品物も同様です。

ただ、結婚式という、

あらたまった場でのお祝いとなると、

避けたほうが無難です。

人によっては、

現金と比べて金券が物足りなく、

金額を減らされたように受けとる場合

あります。

もちろん、商品券は実用的ですし、

便利で、失礼はない、

と感謝される場合もあります。

しかし、種類によっては

利用できる店舗が近くにない等の理由から

不便で現金のご祝儀のほうがよかった、

という時もあります。

結婚式を挙げない友人には

贈っていいでしょう。

不安が少しでもあれば、

商品券や品物は避けたほうがいいです。

まとめ

ここまで、

再婚の場合のご祝儀に関するマナーや

注意点についてお話してきました。

結婚は当事者以外の

まわりの人にとっても、

大きなことですよね。

だからこそ、

ご祝儀の金額やマナーにも

気を配って、

「大丈夫かな?」

と気にしすぎて

不安になってしまうこともあります。

二人の門出を祝う気持ちは、

どんなケースでも一緒です。

その時は、お祝いの贈り物を

することに少し躊躇することも

あるかもしれませんが、

お祝いできるのはその時だけなんです。

お祝いする側も、

楽しくさわやかな気持ちで

過ごすことができるように

準備をきっちりして臨みたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする