血液型占いは当たっている!?と、感じる科学的根拠

スポンサーリンク

日本人は血液型占いが大好きで、何かと話題になります。人間の性格が4種類の血液型で分類されるのは、さてさて、いかがなものか?と考える人もいると思いますが、それでも気になる血液型。

昨日は、世界の血液型の分布をご紹介しましたが、今日は医療や科学の側面から血液型の性格分類がなされている信ぴょう性の検証を報告したいと思います。

スポンサーリンク

日本の血液型分類ブーム

日本ではどうしてこんなに血液型占いが流行るのでしょう?そして、生活に根付いているのでしょう?その歴史を注視してみます。

日本において第一次血液型ブームが始まる

カール・ラントシュタイナー博士が発見した4種類の血液型を利用した「血液型性格診断」が日本で流行するきっかけになったのは、1927年に教育学者である古川竹二教授が発表した「血液型による気質の研究」という論文によります。これにより、第一次血液型性格診断ブームが巻き起こします。

古川竹二教授の血液型による気質の研究は、日本軍の兵士の適性を判断するために利用されました。大量の人員を効率的に分類する必要があった日本軍は血液型を利用して兵士の分類をすることにより、大幅なコスト削減につながったのだと思われます。

しかし、古川教授はその後も血液型と性格の関連について研究を続けます。論文の数は300を超えたそうです。しかし、研究の結果、「血液型と性格には関連は無い」と結論が出ます。こうして血液型性格診断ブームは終息を迎えました。

再燃する血液型ブーム

1971年ジャーナリストの能見正比古が出版した「血液型でわかる相性」と、1973年に出版した「血液型人間学」が、大ヒットします。こうして第二次血液型ブームが始まります。今から45年程前のことなので、そのまま日本に血液型性格診断が根付いたと考えて良いかもしれませんね。

筆者は能見さんの著書は読んではいませんが、科学者ではなく、ジャーナリストが書いた書物がブームになったわけですが、この本は読みものとしてとても面白く、あっという間に世間に浸透した考えるのは容易なことです。

血液型は性格に影響があるように感じるのは何故か?

実際、日本国内でアンケートをとると、実に6割以上の人が「血液型分類は当たっていると思う」と回答するそうです。みなさんも、なんとなく当たっているような気がしませんか?

当たっているのか否かは別として、いくつかの科学的な説をご紹介します。

血液型により発症しやすい病気が違うゆえに性格に影響?

そもそも、血液型の違いというのは、血液の赤血球の表面にある血液型物質(抗原)の違いに由来します。血液型抗原の違いは、脳には影響しないという説が多い中、大変興味深い学説を唱える学者がいるのです。

東京医科歯科大学の藤田紘一郎名誉教授は、「免疫学が専門の私は、血液型によってかかりやすい病気があることを断言します。」と述べているのです。

その理由は、「免疫学的には、O、B、A、AB型の順に免疫力が強い。また、人間や動物に血液型があるように、ABO型の各血液型を持つ病原体が存在し、同じ血液型の人間を好む性質を持つ。血液型を持たない病原体でも特定の血液型を好む病原体がある。」というのです。

藤田名誉教授の学説を血液型別に一部ご紹介します

A型の人がかかりやすい病気

A型の人は几帳面で細かいことに気を配るので、ストレスが溜まりやすく、ストレスが誘発原因となる心筋梗塞動脈硬化糖尿病などの生活習慣病にかかりやすい傾向があります。

2008年のヨーロッパ心臓病学会では、A型の人間が心疾患にかかる危険性は、ほかの血液型の2~20倍という研究結果も報告されているほどです。

また胃がんの原因となるピロリ菌は、A型を好む傾向にあるため、A型の人は胃がんに注意する必要があります。胃がんのほかにも直腸がん、結腸がん、子宮がんなどがん全体に気をつけるべきです。

B型の人がかかりやすい病気

B型の人は、比較的免疫力が強いですが、サルモネラ菌や肺炎球菌にかかりやすいという特徴があるため、食中毒肺炎に注意しなくてはいけません。

また、最近日本で増加傾向にある結核菌にも感染しやすいという特徴があります。B型の結核菌への感染率は、O型に比べると10%も高いという研究結果も出ています。

また、これらの感染症だけでなく、1型糖尿病(インスリン依存型糖尿病)筋萎縮性側索硬化症多発性硬化症などの自己免疫性疾患にかかりやすい傾向にあるようです。

O型の人がかかりやすい病気

O型は、大昔は狩猟民族だった人が多いため、肉類を消化するために大量の胃液を分泌しているため、消化管系胃潰瘍十二指腸潰瘍胃炎になりやすいと言われています。

2012年には、東大医科学研究所の研究チームが「O型はA型に比べて、1.4倍も十二指腸潰瘍になりやすい」という研究結果を発表しています。

また、最も免疫力が強い血液型であるため、アレルギー甲状腺疾患など自己免疫疾患にかかりやすい傾向があります。

AB型の人がかかりやすい病気

AB型の人は、4種類の血液型の中で最も免疫力が弱いため、感染症にかかりやすいので、日頃から免疫力アップさせるための対策をする必要があります。

AB型の人が注意すべき病気は、肺炎インフルエンザなどです。また、歴史的に天然痘梅毒などで、AB型の人口が減少したというケースもあります。これらの感染症以外にも、心臓疾患にかかりやすい傾向があるようです。

出典 これであなたも医の達人より

この藤田名誉教授の学説にもなんとなく納得するような気がします。血液型が赤血球の抗原の違いであるなら、体質に影響があるほうが自然な考え方だと筆者は思います。

AB型の人は世界的に見ても大変数が少なく、AB型の人が存在しない国もあるほど。世界的に見てもA型とO型が圧倒的に多く、アフリカ圏はO型がとても多くなります。このような血液型の分布を考えても、長い歳月の中で人間の進化や繁栄になんらかの影響を与えていたように感じますね。

バーナム効果による錯覚

バーナム効果とは、誰にでも当てはまるような事柄わざと曖昧な表現をすることで、「あ、当たってる!」と思い込ませてしまう自己認知の歪みのことです。顕著な例が占いです。

占いを見ていると、誰にも当てはまりそうなことを書いてあります。

「本当のあなたは自分に自信が持てず、人の目を過剰に気にしてしまう傾向があります」

「あなたは地道な努力家。でも時として楽な道を選んでしまうことがあります」

「あなたは本質的に頑固なところがあり、自分で決めたことは達成しようと努力します」

こういった誰にも当てはまる曖昧な表現の中で、自分に当てはまるものに注目し、当てはまらないものは無視するという認知的傾向は誰もが持ち合わせているのです。

占いだけじゃなく、自己啓発本も同じです。

冷静に客観的に見ると、ごくごく当たり前のことしか書いていないものが多いのです。

このバナーム効果を利用した文章により作られた血液型占いにより、「当たってる」「当てはまる」と感じてしまうものなのです。

ラベリング効果

他者からのラベリング(レッテル貼り)によって、人の行動は驚くほど左右されます。これをラベリング効果と呼びます。

例えば、相手に対して、「あなたって〇〇だよね」と決めつけるようにラベルを張ると、本人はラベルに貼られた行動を次第にとるようになるのです。ラベリング理論とも呼ばれ、1960年代にハワード・S・ベッカーによって提唱された社会心理学の理論です。

このラベリング効果は、コーチングやビジネス心理学、などで活用されています。(賛否は別として・・・)

私たちが生まれた時にはすでに血液型の性格分類が世の中に定着していたので、自然にこのラベリング効果により、血液型の性格分類に謳われている人間性に近い行動をとってしまっている可能性もあるのです。

一つ、筆者の例を挙げます。

筆者は、母親から「B型だから変わってるね」と言われて育ってきました。

しかし、筆者は20歳になった時に献血をして血液型が違うことが判明したのです。なんと、母子手帳を確認したところ、筆者の血液型はAB型!筆者の親は、血液型を勘違いしたまま20年間を貫き、筆者の行動がB型的であると思い込んでいました。

筆者の母親はラベリング効果により、我が子の性格すら血液型のバナーム効果に当てはめて感じていたのです。

まとめ

血液型が人の性格に本質的な影響を与えているかどうか?という科学的根拠は今のところありません。

しかし、血液型の違いによる生体の差が、長い年月の中で病気の有無に作用し、血液型の分布数を変えたことはかなり信ぴょう性が高いと考えられます。

ちなみに、先も述べたように、筆者はAB型です。しかし、筆者の血液型を知らない人たちからは「あなたはO型でしょ」と言われます。

AB型はクールで二面性があるなどと書かれますが、筆者はまったくクールなタイプではなく、馬鹿正直で嘘が下手なタイプで、周りからも「何を考えてるのかすぐにわかる」と言われます。

何せ筆者は、親からB型だと言われて育ってきので、ラベリング効果を考慮するとB型に間違われるはずですが・・・おそらく、親の言葉すら全く無視して生きてきたのでしょうね(苦笑)