逆効果!?肌荒れやニキビの原因は実はマスクにあったという事実!?

スポンサーリンク

最近仕事が忙しかったり、

ストレスが溜まったりして

肌トラブルに悩まされているあなた。

化粧で隠しきれないので、

マスクで隠そうとしていませんか?

肌荒れの原因は、

疲れやストレスではなく

マスクの可能性があります。

肌荒れを助長する

マスクの付け方について

お話します。

またマスクをする時の対策を

お伝えします。

スポンサーリンク

実はマスクが肌荒れを助長する!?こんな付け方は要注意!

マスクをつけていると

肌を見せずに済みます。

ですが実はそのマスクが、

肌荒れやニキビの発生を

助長している事があります。

同じマスクを何日も

使用している方は要注意です。

マスクには雑菌が付着しています。

使い捨てであれば、

1日使用した後は

ちゃんと捨ててしまいましょう。

または、手洗いなどでケアをして

再度使用するようにしてください。

また、肌に合っていないマスク

選択している場合も

注意が必要です。

多くのマスクは不織布マスクです。

使い捨てで用いられることが多いのですが、

人によっては肌に合わない、

という方もいらっしゃいます。

顔に当たる部分だけが

綿やコットン素材になっている

と言うマスクもあります。

ですので肌が弱い方は、

使用するマスクを

見直してください。

顔に合っていない

マスクをつけている方も

肌トラブルを助長しています。

マスクが顔に合っていないと

マスクと肌に摩擦が生じて、

肌に刺激を与える結果になります。

マスクの大きさには

種類がありますので、

ご自身の顔にあったものを

購入しましょう。

マスクのゴム部分は細めではなく、

太めのものを選んだほうが良いでしょう。

なぜならゴム部分が顔に擦れて、

肌トラブルになることも多いのです。

柔らかい素材で太めのものがあれば、

ぜひ試してみてください。

最近は

紐なしマスクも販売されていますので、

一度試してみるのも良いでしょう。

どうしてもマスクで隠したい?事前にするべき肌荒れ対策!

肌トラブルで

ニキビや吹き出物を隠したい場合や

花粉の季節でマスクがかかせない、

という場合はあります。

肌荒れが起こらないために

事前にするべきことを

お話しましょう。

まず、ナチュラルメイクになるよう

化粧を意識してください。

マスク以外にもクレンジングや洗顔で

顔に摩擦を与えています。

そのうえ、日中はマスクで

顔に摩擦を起こしていると、

肌にとってよくありません。

ナチュラルメイクであれば、

メイク落としも楽になりますので、

出来る限りメイクは最低限に

してください。

ファンデーションを使わず、

クレンジングが不要な

BBクリームなどを代用すれば、

より良いでしょう。

洗顔後は、化粧水を手で

つけるようにしましょう。

コットンよりも手のほうが、

摩擦が少なくてすむでしょう。

夜、きちんと肌ケアを行う習慣があれば、

翌日マスクを着用しても、

肌トラブルが増えることはないでしょう。

特に洗顔後のケアを行う時は、

口周りを入念に保湿しましょう。

また、マスクをすることで、

肌荒れしやすくなっているため、

普段は問題ない化粧品でも、

荒れてしまうこともあります。

マスク着用期間だけは

低刺激のコスメを使用する

などの、肌への配慮も効果的です。

また、バランスの良い食事を摂り、

肌へ栄養を送ることで

肌荒れ防止が期待できます。

抗酸化作用があるビタミンCや

肌の粘膜を健康に保つビタミンB2やビオチン、

抗アレルギー作用があるビタミンPなどを

摂取しましょう。

仕事が忙しく食事に気を使うのが難しい場合は、

サプリメントに頼ることも、

検討してみてください。

不足している栄養素のサプリを選んで、

毎日摂取することで

肌荒れに悩まされずに済みます。

まとめ

マスクは便利ではありますが、

毎日きちんと取り替えないと

肌トラブルの原因になります。

また、肌が弱い方は

保湿を行った上でマスクをしないと、

肌が乾燥して摩擦を起こしてしまうことも。

ご自身に合ったマスクの素材を選び、

出来る限りマスクの使用時間を

減らせるように工夫してみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする