気になるところは「揉むだけ」で細くなる!?毎日10分マッサージダイエット    

スポンサーリンク

お腹周りのぜい肉はもちろんのこと、筆者は加齢にともない、二の腕太くなり夏のファッションを楽しむことができなくなりました。

お金と時間があるなら、痩身エステに通いたい!と思うのは筆者だけではないと思います。また、複雑なヨガを覚える余裕も無いし、自宅で毎日激しいエクササイズに打ち込もうとしても長続きしません。

ダイエット美容「簡単でお金がかからず、時間も手間も不要である」ことが重要だと、筆者は考えています。(自分が続かないだけです・・・けどね)

そこで、気になる部位を引き締める、自宅で手軽にできる、簡単なダイエットを見つけたので、みなさんにご紹介します。筆者の都合上、二の腕に特化した情報になりますが、みなさんはご自分の身体の気になる部位に応用してください!

スポンサーリンク

都市伝説ではなかった!揉むだけダイエット

テレビや雑誌で「脂肪をつまむだけで痩せる」とか、「脂肪を揉むだけで痩せる」といフレーズを目にしたことはありませんか?とても信ぴょう性が無い情報だと思っていましたが、一定の効果があるのです。今日の題材は結論を先にご紹介します。

身体の気になる部位を揉むと欲しくなる理由

実際に二の腕を一日10分マッサージすることで、1週間で8㎜も細くなった結果があります。この検証を実行してくれた女性は、二名でどちらも同じような結果が出ています。

先ず、何故、揉むことで細くなるのかを調べました。

①血行促進

②リンパ液の流れを良くする

③老廃物が排出される 

④脂肪燃焼を促進させる

腕や足が太くなる要因の一つに、むくみがあります。浮腫みが解消されるだけでも細くなるのですが、血流やリンパ液の流れが良くなることで、老廃物が排出され、分解された脂肪の排出もスムーズになるのです。

マッサージのやり方

マッサージは時間のある時に思うように揉み続けるだけで良いのです。より良い結果をもたらすためにおすすめしたいのがニベアの青缶ヴァセリンです。(もちろん、お金に余裕のある方はもっと高額なクリームをお使いください。)もしくは、動物性のオイル滑りの良い植物オイルを使うことでさらに良い結果が期待できます。

①ボディクリームを二の腕(気になる部位)に適量を塗る(無くても問題ありません)。

②10分間ひたすら揉む。揉むのに飽きたらつまむも、もしくは、さするも良し。

※脇の下には重要なリンパ節があるので、二の腕ついでに脇の下も押したり揉んだりしてみましょう。

③最後の仕上げは二の腕の肘から肩(身体)に向けて、血液を流すように揉みあげる。

さらに嬉しい効果も?

痩せる、細くすることだけが目的なのですが、できるだけ毎日継続して行うことにより、冷え性の改善肩こりの改善肌がすべすべになる。といった、二次的な嬉しい結果ももたらしてくれます。

マッサージで脂肪が燃焼しているわけではない

揉むだけダイエットと言っても、揉むだけで皮下脂肪が燃焼しているわけではありません。

マッサージすることにより皮下脂肪が「燃えやすい状態になった」と考えるほうが適切だそうです。血流やリンパ液の流れが良くなり脂肪がほぐれた状態で運動を組み合わせると、よりしっかりとした効果を発揮してくれます。

二の腕足首、といった箇所は、日常の運動に使う筋肉が少なく、筋肉活動による脂肪の燃焼が難しいので、マッサージを取り入れることでダイエット効果が表れやすい部位でもあります。

まとめ

実際に筆者は二の腕マッサージを初めてみて数日で、数値を計測しているわけではありませんが、効果を感じています。

10分のマッサージは簡単ですが、夏のこの時期にはかなり汗ばむ運動です。そして、自然に肩こりの部位までマッサージするので、肩のハリが緩和されました。筆者は寝る前にちょっとテレビを見ながら実践しています。そして、今、こうしてパソコンに向かっている時も、ちょっと考える間に自然に体をマッサージするようになってきました。

自分の身体を癒す習慣を持つことが、自分の身体の不快感と老廃物を拭い去ることに繋がるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする